アルゼンチンのデフォルト騒動に関して思うこと

先日の日本経済新聞にも掲載されていたが、
アルゼンチンのデフォルト騒動が問題になっているようだ。

内容を調べてみたのでメモ書き。
(間違いのある可能性あり)

1.2001年のアルゼンチンのデフォルトにおいて
  返済額の削減に9割以上の債権者(日本含む)と合意済みで、現在返済中。
  (返済可能な金額)

2.複数のヘッジファンドを通じて債券を保有ている米国人投資家のみ
  返済額の削減に合意しておらず、裁判沙汰になった。
  裁判の結果、米国人投資家(ヘッジファンド)への全額支払いと、
  全額支払うまで他の債権者(削減で合意している9割以上)への
  支払い停止をアルゼンチンに命令。
  (米国の法律に基づいている国債のため、米国の裁判所の判決)

3.米国人投資家(ヘッジファンド)へ全額支払うと、
  合意している9割以上の債権者にまで
  全額支払わないといけなくなることが想定され、
  そうなると資金が足りずデフォルトへ。
  (ヘッジファンドへの全額支払いは資金的に問題ないが、
                  全ての債権者へ全額支払いは資金が足りない)



ちなみに、ネット上ではヘッジファンド(米国人投資家)をハゲタカだと非難する声が多い印象だ。



以下、個人的な感想。

・私も含めて一般的な?日本人の発想は、
 空気を読んで?右に倣えで?返済額の削減に応じるであろう。
 また、債券へはデフォルトのリスクを承知で投資していることもあり、
 返済額の削減に応じることはしかたのないことと思うであろう。
 故に、返済額の削減に応じない米国人投資家の行動に違和感を抱いてしまう。
 (ハゲタカだと思ってしまう。)

・私は半分趣味で投資をしているため、上記のような発想になるのかもしれないが、
 米国人投資家はビジネスで投資しており、人生がかかっている。
 そう言う意味では、とれる手段を全てとろうとするあきらめない姿勢は評価に値する。

・米国人投資家の行動に違和感を感じてしまうのは、
 上記のような立場(趣味 or ビジネス)の違いに加えて
 文化の違いもあるのかもしれない。
 日本では、法律を持ち出す前に空気を読むことが重視される傾向にあるが、
 恐らくアメリカはすぐに法律を持ち出すのであろう。
 故に、合法であれば何でもアリと言う考えが日本よりも強いのかもしれない。
 と言うよりも、良い悪いの判断の基準は法律に頼るしかないのかもしれない。



なお、常識かもしれないが、
アルゼンチンはかつて(1930年代ごろ)はかなり繁栄しており、
世界有数の豊かな国だったようだ。
首都のブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれていたとのこと。




関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-31 15:57 : 雑記 : 編集

人口が多いほど貧しい?

先日の日本経済新聞に「アジア、巨大人口の重荷」と題した記事が掲載されていた。

東南アジアの中でも人口の多いインドネシアやフィリピンにて、
人口の多さが豊かさにつながっていないとのこと。
7月のインドネシアの大統領選では、
人口抑制策が争点の一つだったようだ。

日本では、今後人口が少なくなるため経済が縮小していくと言われているが、
単純に人口が多ければ良いというわけでもないようだ。

新興国の経済成長が期待される理由の一つとして
人口の増加が挙げられることが多いように思うが、
注意が必要だと感じた。




関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-30 14:14 : 雑記 : 編集

個人向けの社債が人気のようで

先日の日本経済新聞に
「堅実派なら株より社債」と題した記事が掲載されていた。

個人向けの社債が人気を集めているとのこと。
金利が低いうちにお金を集めたい企業が社債を発行しているようだ。

掲載されている利率をみると、その多くが0.4%以下である。
そのような利率で社債を利用するならば、
同程度の利率でよりリスクの低い個人向け国債(変動10年)の方が良いと思う。

中には、0.8%程度のものもあったが、
利率が高いものは相応に倒産リスクなども高そうであり、
リスクを負うのであれば株式に投資したいと思う。

と言うことで、
個人向けの社債を利用することはなさそうだ。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-23 07:50 : 雑記 : 編集

スマートベータの記事が気になって

先日の日本経済新聞に
「「賢い指数」投信に新風」と題して「スマートベータ」に関する記事が掲載されていた。

スマートベータ型投信についてあまり知識はなかったが、
次のような特徴があるとのこと。
・特定の指数やルールによって組入れ銘柄や比率を機械的に決める
・市場平均を上回る成績を目指す

要するに、一般的なインデックス投資とアクティブ投資の中間のような感じだろうか。
日本経済新聞に掲載されている過去の成績をみると、
掲載されている全てのスマートベータのリターンはTOPIXを上回っており、
多くの読者が恐らくそうであるように、ついつい惹かれてしまう。


そこで、スマートベータを採用するか否かについて考えてみた。
考えた結果、アクティブファンドから撤退したのと同じような理由で、
とりあえずは採用しないことにした。

その理由は以下。
「短期的には良い結果になるスマートベータもあるかもしれないが、
長期投資にはインデックスファンドの方が良いのではと思うため」


以下詳細。

・良いスマートベータがあったとしたら、採用する人が増えるはずである。
 しかし、皆が採用するようになると有効な投資手法ではなくなるであろう。

・スマートベータは過去のデータを参考に作られているはずであり、
 過去の成績が良いのは当然であろう。しかし将来はどうなるかわからない。

・良いスマートベータを探すことに力を注ぐよりも、
 投資を続けること(長期投資すること)に注力した方が
 最終的なリターンは大きいであろう。

以上のような理由から、
スマートベータはとりあえず採用せず、
一般的なインデックスファンドを用いた運用を続けることにする。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-16 23:16 : 投資手法 : 編集

確定拠出年金の推移をシミュレーションしてみた。

先日のエントリにて、プライベートな投資のシミュレーションをした。
個人資産の推移をシミュレーションしてみた

今回は、確定拠出年金のシミュレーションをしてみた。
なお、プライベートな投資と同様に、
出口戦略も考慮して株式比率は100-年齢%とすることにした。
現在の株式比率は35%程度であり、
株式比率が100-年齢%となるまで、
毎月の積立を株式100%とすることにした。

なお、確定給付年金が別途500万円くらい?あるはず。

■シミュレーションの条件
株式の年利:5% (実際はもう少し高いか?)
株式比率:100-年齢(%) (100-年齢(%)となるまでは株式100%積立てる)
追加金額(~59歳):51.2万円/年(現在の掛金上限)
引出金額(60歳~):89万円/年(90歳で底をつくようにした)

確定拠出年金計画


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-15 20:19 : 投資実施内容 : 編集

長期投資を勧める理由の一つに違和感あり

長期投資(長期保有)を勧める理由の一つとして
以下のようなことを目にすることがある。

「○年~△年までの株価上昇の□%はわずか◇日間で生じた」

株価が大きく上昇するのはわずか数日間であり、
その日を予測するのは不可能であるため、
上昇日を逃さないためには長期投資(保有)することが重要である、
と言うこと。

しかし、これは下落についても同様のことが言えるのではなかろうか。
つまり、
「●年~▲年までの株価下落の■%はわずか◆日間で生じた」

長期投資(保有)は株価が大きく上昇する日を逃さないだけでなく、
株価が大きく下落する日も逃さないのだ。

重要なことは、
それらを差引した結果どうなるかと言うことだ。

したがって、長期投資を勧める理由としては、シンプルに、
長期投資をするとリターンがプラスになる可能性の方が高そうだ、
と言うことで良いのではなかろうか。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-14 19:26 : 雑記 : 編集

SBI証券の投資信託積立てキャンペーンに釣られた

以前から同様のキャンペーンがあるたびに利用してきており、
今回も利用することにした。

今回、株式の投資信託に積立てることにしたのが、
これまでのキャンペーン時とは異なる。
前回までは債券(外国債券の為替ヘッジあり、或いは国内債券)の
投資信託を利用してきた。

先日のエントリで書いたように債券ファンドへの投資を辞めることにしたため、
今回からはキャンペーンでも外国株式のインデックスファンドに投資することとする。

今回利用できる外国株式のインデックスファンドはSMTシリーズであり、
普段積立てているニッセイよりも信託報酬は高い。
しかし、リバランス時の売却に備えてNISA口座で保有することとしたため、
キャンペーンで得られる金額は信託報酬の差額よりも大きいであろう。



関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-14 18:43 : 投資実施内容 : 編集

定期券支給は会社にとってノーリスク/ハイリターン??

日本では落し物が戻ってくるらしい。
何故かそれを確かめたい衝動にかられ、試しに駅で定期券を落としてみた。

翌朝、ドキドキしながら駅員に確認してみるも、
特に定期券の落し物は届いていないとのこと。
あせって警察にも紛失届を出すも、何の音沙汰もなく現在に至る。

はたして数万円の授業料を払うことで、
落し物は必ずしも戻ってこないことを学ぶことができた。

「確かめたい衝動」シリーズ、次回も乞うご期待・・・



と言うのは冗談として、現実は以下。

先日、電車の定期券を紛失してしまった。

朝改札を通る時に定期券が無いことに気づき、
おそらく家に忘れたのであろうと思いながらも、とりあえず駅員に聞いてみた。
すると落し物として届けられており、無事手元に戻ってきた。めでたしめでたし。
6か月定期で4カ月以上残っていたため本当に良かった。


と言うことで、落し物が戻ってくるというのは本当であったが、
これを機に、定期券のリスクとリターンについて考えてみた。
主として以下のリスクとリターンがあると思う。

■リスク
 1.紛失するリスク。磁気式の定期券は基本的に再発行はないようだ。
 2.期間的に中途半端なタイミングで勤務地が変わる。
   定期券の払い戻しは1カ月単位。

■リターン
 1.普通の切符や回数券よりも割安で買うことができる


一般的にリターンとリスクには相関があり、
ハイリスク/ハイリターン、ローリスク/ローリターンであり、
リスクを負った分だけリターンを得ることができる。

さて、サラリーマンは会社から交通費として定期代が支給される場合が多いと思う。
その定期代も6カ月定期の金額である場合が多いことだろう。
6か月定期ともなると私のように定期券を紛失してしまうリスクもそれなりに高い。

会社が少しでもコストカットしようと6カ月定期の代金を支給し、
(コストカットでリターンを得るのは会社)
そして、サラリーマンは6カ月定期の紛失リスクを背負う。
(リスクを負うのはサラリーマン)

つまり、リスクを負うのはサラリーマンで、リターンを得るのは会社なのである。
会社にとってはノーリスク/ハイリターン(夢のような話)
サラリーマンにとってはハイリスク/ノーリターン(悪夢のような話)

今まで特に考えたこともなかったが、よくよく考えるとひどい話である。
定期代が出るだけでもありがたいことかもしれないが、
紛失するリスク分だけ上乗せした金額を支給いただければもっと良いのにな。



関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-13 14:14 : 雑記 : 編集

読書メモ 『スローライフのマネー学 ~ゆっくり生きよう、しっかり殖やそう~』

『スローライフのマネー学 ~ゆっくり生きよう、しっかり殖やそう~』
編著 三井住友銀行 コンサルティング事業部
監修 日本総合研究所調査部長 高橋 進

図書館で目についたので読んでみた。
2003年発行のちょっと古い本である。
個人的に特に興味を引かれるような内容ではなく、
逆に、首をひねりたくなるような内容であった。
せっかくなのでメモ書きしておく。

「ファスト」な生活から「スロー」な生活重視へと、
人々の価値観が転換しつつあるとした上で、
「スロー」な生活の実践に合わせた自分なりのお金との付き合い方が必要だ。
それはつまりお金に働いてもらうことだ。
みたいな、なんだかよくわからない内容であった。

ちなみに、
「ファスト」な生活:スピードや効率を重視する生活
「スロー」な生活:心の豊かさ・リラックスを求める生活


以下、感想。

これからの社会はますます「ファスト」な生活に拍車がかかるように思う。
新興国が台頭してくる中、競争はますます激しくなるはずであり、
スピードや効率はますます求められるはずだ。
「スロー」な生活なんて言っていてはやっていけないと思う。
お金に働いてもらうにしても、
「スロー」な生活を送るようではそのためのお金を稼ぐことができないであろう。

少なくとも働いてお金を稼ぐときは「ファスト」である必要があると思う。
そして、お金に働いてもらうときは「ファスト」を求めるのではなく「スロー」で良しとする。

この本のサブタイトルを逆にすれば丁度よいと思う。
「ゆっくり生きよう、しっかり殖やそう」ではなく、
「しっかり生きよう、ゆっくり殖やそう」と言う感じかな。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-10 20:58 : 投資読書 : 編集

読書メモ 『自分でやさしく殖やせる 確定拠出年金最良の運用術』

『自分でやさしく殖やせる 確定拠出年金最良の運用術』
岡本和久

「バリュー平均法」と言う言葉を目にする機会が増えた?ように思うので、
火付け役らしい?この本を読んでみた。

個人的には、「バリュー平均法」よりも「物価連動国債」の方が気になった。
2015年1月から物価連動国債の個人向けが解禁されるようだ。
物価連動国債は有効な投資先になりそうな匂いはするが、
知識がほとんど無いため調べてみることにする。


さて、「バリュー平均法」についてである。
積立て投資の一種であり、積立てる金額の決め方に特徴がある。
まず、合計金額の推移をあらかじめ決めておく。
例えば、今月1万円、来月2万円、再来月3万円・・・・。
そのあらかじめ決めておいた合計金額と、
そのときの実際の合計金額との差額を積立てる。
差額がマイナスとなればその分を売却して現金化する。
つまり、追加または引出をして、
あらかじめ決めておいた金額になるようにするのである。

ドルコスト平均法と比較して
株価が安い時にはより多く投資して、
株価が高い時にはより少なく投資する(場合によっては売却する)
となり、リターンを高めることができるらしい。


以下、バリュー平均法の個人的な感想。

・毎月の投資額が変動するため、
 月々の投資可能金額が一定の場合には使いづらいと思う。
 (一般的なサラリーマンは月々の投資可能金額がほぼ一定だと思う)

・目標金額と目標期限が明確な場合に有効かもしれない。

と言うことで、
月々の投資可能金額はほぼ一定で、
かつ、目標金額があいまい(投資できるだけ投資しておこうという考え)な自分にとって
バリュー平均法は使いづらそうな方法だ。
理想的なのかもしれないが現実は・・・と言う感じである。
少なくとも現段階では使うつもりはない。



関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-10 09:28 : 投資読書 : 編集

確定拠出年金の掛金上限引き上げ

先日の日本経済新聞に企業型確定拠出年金の記事が掲載されていた。

知らなかったが、今年の10月から掛金の上限が引き上げられるとのこと。
現在の51000円/月から55000円/月に。
また、さらなる引き上げを検討しているようだ。

現在、企業負担分と個人追加分(マッチング拠出)の合計で
上限いっぱいの51000円の掛金で運用している。
確定拠出年金において「マッチング拠出」を申し込んだ
上限が引き上げられれば個人負担分(マッチング拠出)を増やし、
なるべく上限いっぱいまで確定拠出年金で運用したい。
税金優遇の恩恵を最大限受けるために。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-10 08:27 : 投資実施内容 : 編集

NISAの使い方再々考

NISAの有効な使い方について再々考してみた。

まず、これまでのNISAの使用案を振り返ってみる。
NISAは利益が出てこそ使う意味があり、
損が出た場合はかえって不利になるということを前提とし、
なるべく利益が出る使い方を考えてきた。

案1:暴落時の一括投資
   (暴落時の一括投資に備えてNISA口座開設
   →暴落は来るのか? 来たとして適切なタイミングで投資できるのか?
    などの疑問がわいてきたためこの案は辞めた

案2:債券ファンドへの投資
   (NISAの使い方を再考してみた
   →しばらく投資していたが、
    債券バブルと言う言葉にびびって辞めた


今回の案は
「リバランス時など運用途中の売却用として使用する」
と言うものだ。

購入するのは現在投資しているリスク資産である
「外国株式のインデックスファンド」
となる。

問題となるのは、
リスク資産のうちNISA口座で保有する割合をどのくらいにするかである。
とりあえず今年のNISA枠の残りは全て使おうと思う。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-10 08:04 : 投資実施内容 : 編集

個人資産の推移をシミュレーションしてみた

本ブログで実施している資産運用について、
資産の推移をシミュレーションしてみた。

本来は、まず最初にシミュレーションを実施し、
その結果に納得した後に資産運用を始めるべきかもしれない。
今回は順序が逆になってしまったがまあ良しとしよう。

シミュレーション結果とその条件を下に示す。
個人的には満足できる結果であり、これを目安に投資を続けようと思う。

なお、毎月の株式ファンドへの積立てについては、
金額ではなく株式比率を目安にしようと思う。
つまり、基本的に株式比率は100-年齢(%)となるようにする。
ただし、初期は、100-年齢(%)となるまで毎月1%ずつ高める。

なお、
リスク資産と安全資産の割合は50:50を目標としてきたが、
出口戦略も考慮して、よく言われるように(100-年齢):年齢に設定してみた。



■条件
初期資産:1000万円(←おおよそのイメージ)
株式の年利:5% (もう少し高いか?)
株式比率:100-年齢(%) (初期は100-年齢(%)となるまで毎月1%ずつ高める)
追加金額(~59歳):初期資産の10%/年
引出金額(60歳~):初期資産の20%/年


資産推移


以上。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-09 23:45 : 投資実施内容 : 編集

インデックス 対 アクティブ

日本経済新聞電子版に
「インデックス対アクティブ 投信はどっちを選ぶ」と題した記事が掲載されていた。
この記事に書かれていたそれぞれに対する批判を抜粋してみた。

アクティブ型への批判

(1)アクティブ型は手数料が割高なのでその分、インデックス型より成績は悪くなる
(2)実際に6~7割のファンドは運用成績がインデックスを下回る
(3)一時的に好成績を上げるファンドはあるが、好成績は何年も続かない。好成績は偶然の産物で、将来どのファンドが好成績を上げるかは全く予想できない


インデックス型への批判

(A)インデックス型投信は株価指数が下がれば利益が出ない
(B)インデックス投資は必ずしも効率的な投資法とはいえない
(C)不祥事を起こした企業やゾンビ企業などの株も投資対象となり、売ることもない



上記のような一般論がある中で、
自分は現在、アクティブファンドからは撤退しており、
インデックスファンドにのみに投資している。
その理由を整理してみた。

一言で言うと、
インデックスファンドの方が長期投資に適していると考えるからである。

以下、詳細。

自分は長期投資を考えているため、
途中でスタッフの入替りや運用方針の変化が考えられるアクティブファンドよりも、
運用内容にブレのないインデックスファンドの方が良いと考える。

短期的に結果を出しているアクティブファンドがあったとしても
長期的にどうなるかわからないし、
また、良いファンドを探すことに手間をかけるよりも、
長期投資を続けることを優先した方が最終的なリターンは大きいと思う。

以上のような感じである。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-09 12:25 : 投資手法 : 編集

読書メモ 『貯金じゃイヤだけど投資はコワい 僕の”負けない”人生戦略』

『貯金じゃイヤだけど投資はコワい 僕の”負けない”人生戦略』
内藤 忍

図書館で目に付いたので読んでみた。

投資の必要性に目覚めた若手サラリーマンが、
FXで失敗した後、インデックス投資で成功するという
小説風の内容であった。

ゼロサムゲームではなく、
市場の成長に見合った成果を得る投資法と言う意味で、
インデックス投資を「人に負けない投資法」と書いてあった。
本のタイトルの”負けない”はここからきているようだ。

他人との勝負ではなく、市場の成長に左右されるという意味で、
「人に負けない投資法」なのであろうが、
それは同時に「人に勝たない投資法」でもある。

インデックス投資は市場の成長に賭けているため、
市場が縮小するようであれば有効な投資法ではなくなる。
「盛者必衰」と言われるように、
市場がどこまでも成長することは考え難いため、
その点は注意が必要と考える。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-09 08:50 : 投資読書 : 編集

証券会社の口座整理

投資を始めて約一年。
これまでに複数の証券口座を開設してきた。
以下に示す計6つ。

今となってはSBI証券以外は使用していないので順次解約中。
ただし、フリーETFのあるカブドットコム証券は残すかどうか考え中。

1.SBI証券
 投資を始めたときからメインで使用中

2.ひふみ投信
 投資を始めた当初から先月まで使用、口座解約手続き中

3.鎌倉投信
 投資を始めた当初から半年ほど使用、口座解約済み

4.セゾン投信
 途中から半年ほど使用、口座解約予定

5.楽天証券
 SBI証券と並行して使おうとしたが辞めた、口座解約手続き中

6.カブドットコム証券
 フリーETFを試してみるも辞めた、口座解約?残す?



ちなみに、SBI証券を使用している理由は、
・もともと使用していた住信SBIネット銀行と相性が良い
・投資信託のポイント還元サービスが良い
・欲しい商品が揃っている
などです。




関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-03 06:44 : 投資実施内容 : 編集

そろそろ暴落?

「高利回り投資加熱」なる記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

投資マネーが高利回りを求めて、
以下のように順繰りに流れているようだ。

先進国債券

先進国低格付け債、REIT

新興国債券、不動産

低格付け債などと言うと、
サブプライムローン → リーマンショック が頭に浮かんでしまう。
投資が過熱しているようだし要注意な印象を受ける。

ただ、この記事を読んだ多くの人がそのような印象を抱くのかもしれない。
と言うことを、この記事を読んだ多くの人が思うであろう。
そんな読者はどのような行動をとるだろうか?

また、読者にそう思わせるために新聞社の誰かさんが仕組んだ罠とも考えられる。
誰かさんは何故このような罠を仕組んだのだろうか?

と言う妄想はいいとして、
この記事を読んで自分はどうするか?
とりあえず暴落が来るかもしれないという心の準備をしておこう。
いつ来ても、あるいは来なくても良いように。



関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-02 16:59 : 雑記 : 編集

債券ファンドを全て売却

先日のエントリにて撤退すると書いたとおり、
債券ファンドを全て売却した。
利上げで米国株下落?

「債券バブル」という言葉にびびって、
もともと債券ファンドへの投資を控えていた。
定期貯金開始

しかし、NISA申込時の住民票取得手数料を取り戻すべく
SBI証券の積立てキャンペーンをきっかけに手を出していた。
NISAの使い方を再考してみた

安全資産と比較してリターンが良さそうだったので惰性で続けていたが、
当初の方針に戻り、株式ファンドと安全資産のみの運用にすることとした。

ちなみに、住民票取得手数料を取り戻すに余りあるリターンを得ることができた。




関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-02 07:22 : 投資実施内容 : 編集
ホーム

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム