ブログ名を変更、そして内容も一部変更

ゴールデンウィークで心機一転、ブログ名を変更しました。

変更前:「ちゃーもの資産運用ブログ since2013」
変更後:「長期分散投資実践記:ちゃーもブログ」
     →「長期分散投資で資産運用:ちゃーもブログ」 (2015.05.04再変更)

そして、内容も一部変更した。
変更点:投資/資産運用以外の内容を削除した。

【変更理由】
1.SEO対策(のつもり)
2.ブログを分割するため
 (投資以外の内容は別のブログ(読書メモ)、あるいは廃止(その他)、にした)

また、これまでは想定する読者は特に考えてなかったが、
考えてみることにした。

【想定読者】
職場の先輩後輩が興味をもってもらえそうな内容にしたいと思います。


まあ、でも、
このブログは投資と同じく長く続けることが第一優先のため、
書きにくくなったら再度変更するかもしれません。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-30 16:32 : ブログ運営 : 編集

Google Analytics導入で明らかになったこのブログの正体とは??

最近Google Analyticsを導入してみた。
解析結果を見て、あることに気が付いた。

自分は「長期分散投資(インデックス投資)」による「資産運用」のブログを書いているつもりであった。しかし、GOOGLEさんはそう思ってなかったようだ。

というのも、
GOOGLE検索にてこのブログにたどり着いたキーワードでダントツに多いツートップがあったのだが、それは上記キーワードとはまったく関係のないものだった。

ツートップとは、
1.ウィスキー関連(バランタイン12年、アードベック10年、など多数)
2.日本企業価値向上ファンド


1.について、
「アードベック10年」はメインで取り上げたのは1回だけだが、
Googleで検索すると2ページ目にこのブログが出てくるぞ!!
ウィスキーを飲んでみて その5 (タリスカー10年、アードベック10年)
(記事削除済み)

「バランタイン12年」も1回しか取り上げてないが3ページ目に出てくる。
ウィスキーを飲んでみて その7 (バランタイン 12年、ジョニーウォーカー ブラックラベル)
(記事削除済み)

2.について、
「日本企業価値向上ファンド」は取り上げたのは2回で、3ページ目に出てくる。
純資産残高1062億円でスタート 『日本企業価値向上ファンド』??
3週間で販売停止 『日本企業価値向上ファンド』!!


一方、
「長期分散投資」、「インデックス投資」、「資産運用」については、
かろうじて「長期分散投資」で検索して5ページ目に出てくるだけ。


以上より、GOOGLE検索的には、
このブログは「ウィスキー」と「日本企業価値向上ファンド」のブログでした・・・


と言うことで、ブログの名称(と内容)を変更することにしました。
名付けて「ちゃーものウィスキーと日本企業価値向上ファンド万歳\(^o^)/」


と思ったけど、やっぱり辞めとこ・・・

ブログの難しさを実感しました。
真の「長期分散投資」ブログ、
あるいは、「資産運用」ブログになるべくSEO対策を勉強するべし。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-29 12:41 : ブログ運営 : 編集

「勝負すべき相場」? それがわかれば・・・

「素人でもプロに勝てる」と題した記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

素人は勝負すべき相場でないと思ったら休みなさい(プロは休めない)、
と言うような内容。

一見、筋が通ったはなしであり、
自分もかつては景気状況によって株式比率を変えることを考えていた。
そして、実際に変えてみたこともあった。

しかし、そのタイミングを見計らうのがなかなか難しいというのが実感。

自分の場合、株価が高くなりすぎと思って株式の比率を下げてみたものの、
確定拠出年金の資産配分変更
その後も株価は上昇傾向を続けたため途中で方針を変更して元に戻した経験がある。
確定拠出年金の資産配分を元に戻すことにした


今では基本的にはタイミングを見計らうのはあきらめている。
「あきらめ」が許されるところが素人のメリットかも・・・

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-27 13:56 : 投資手法 : 編集

日本国債へ海外マネー流入 金利の変動率高まる??

「海外マネー、日本国債へ」
と題した記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。

世界的な低金利の中、日本国債の金利が相対的に高いとのこと。
また、海外勢は短期の売買が中心のため、
金利の変動率が高まる恐れがあると書かれてあった。

日本債権インデックスファンドの過去のチャートを見ると、
かなり安定した右肩上がりの推移になっているが、
今後は注意が必要かもしれない。

個人的に利用しているわけではないが、気になる内容だ。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-26 10:53 : 雑記 : 編集

確定拠出年金 世界のデフォルト商品は??

前回のエントリ(確定拠出年金 加入者の約3割は自分が加入していることすら知らない・・・)で取り上げた厚生労働省の資料には、OECD諸国の確定拠出年金のデフォルト商品について記載がある。

その記事によると、
1.デフォルト商品の設定には政府が関与している
2.デフォルト商品としてライフサイクル型のファンドが設定されている(英、米、蘭、など)
とのこと。

ライフサイクル型のファンドとは、年齢ごとにリスク資産(株式など)の割合を変化させる、
すなわち、退職に近づくにつれてリスク資産の割合を減らしていくファンドのこと。


なぜ、リスク資産の割合が一定のバランスファンドではなく、
ライフサイクル型のファンドなのだろうか??

資料によると、
株式がネガティブな場合の保護となるため、
と言うような記述があった。
つまり、退職間際の暴落などの対策だ。


ちなみに、現在日本では、
1.デフォルト商品の設定に政府の関与はない
2.デフォルト商品として元本確保型商品を採用している割合は96%以上
とのこと。

日本でも元本確保型商品ではなく、
ライフサイクル型のファンドやバランスファンドをデフォルト商品にした方が良さそうだと思うが、
その場合、株式内での日本株の比率を低くおさえてほしい、と個人的には思う。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-25 07:49 : 雑記 : 編集

確定拠出年金 加入者の約3割は自分が加入していることすら知らない・・・

厚生労働省の資料を見ていてズッコケた。

□DC加入者のうち約3割が「DC制度を知らない」と回答。


「DC制度を知らない」ということは、加入している自覚がないということ、
すなわち、加入していることすら知らないということだ。

なお、DCとは確定拠出年金のことであり、
この資料(PDF)は「確定拠出年金における運用について」でググると出てきます。
(2015.04.22時点)


約3割とはけっこうな割合である。
彼(女)らの運用は、おそらくデフォルト設定の元本確保型商品のままほったらかし。
個人的にはもったいないことと思う。

しかし、デフォルトの商品設定が低コストの
バランスファンドだったとしたら状況が180度変わってくる。
低コストなバランスファンドにほったらかし投資。
なかなか理想的ではないか。

と言うことで、デフォルト設定を元本確保型ではなく、
バランスファンドにした方が良いのではなかろうか。
そもそも、確定拠出年金はリスク資産への分散投資を想定しているだろうに、
なぜデフォルトが元本確保型なのだろうか??


なお、この資料には確定拠出年金に関する以下のような記述があり、
なかなか興味深くおすすめです。
・実態(アンケート結果)
・課題
・海外事例
など

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-22 22:24 : 雑記 : 編集

公的年金 自前運用でコスト高??

「公的年金 自前運用を拡大」と題した記事が
先日の日本経済新聞に掲載されていた。

アクティブ運用の比率を高めるとともに、
コストを抑えるため、民間ではなく自前の運用を拡大するとのこと。

個人的な疑問点。
1.なぜアクティブ運用を増やすの?
2.なぜ民間への委託ではなく自前の運用を拡大するの?

特に、2.はコストを抑えるためと書かれていたが、逆にコストアップにつながるのでは??
おそらくブラックな職場の民間よりも、おそらくホワイトな職場のGPIFの方がコストが抑えられるというのは信じられない。「5年後をメドに職員を150人程度と現状の2倍近くに増やす」とも書かれてあったし、大丈夫なのか??


まあしかし、優秀な専門家が出した結論なので、私の偏った考えよりも妥当とは思うけど・・・
公的年金でアクティブな運用を増やすようだから、少なくともプライベートな運用は今まで通りパッシブな運用でいきたい。アクティブとパッシブの分散だ。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-19 14:26 : 雑記 : 編集

3週間で販売停止 『日本企業価値向上ファンド』!!

「投信、3週間で販売停止」なる記事が昨日の日本経済新聞に掲載されてた。
投信とは、先週記事を書いた『日本企業価値向上ファンド』。
(参考:純資産残高1062億円でスタート 『日本企業価値向上ファンド』??

原因は売れすぎ。
「資産額が想定以上に膨らみ運用に支障が出かねない」
「運用資産が急拡大して保有株を増やすと、自らの売買が株価に影響を与えてしまい、機動的な銘柄の入れ替えなどがしにくくなる」
とのこと。

新聞に書かれていた売れすぎの原因は、
理由1.株高
理由2.「企業価値」という話題のテーマ

「企業価値」と言う話題のテーマを取り入れたことは、野村証券(の担当者)の狙い的中だったのだろうが、株高も重なって買われすぎたのは大誤算?? 「いま株価が暴落したらどうしよう・・・」と、若手?担当者は眠れぬ週末を過ごしているかもしれない。

と言うのは冗談としても、投資信託(アクティブファンド)は運用担当者の力量だけではなく他の購入者の行動にも大きく影響を受ける、と言う当たり前のことに今更気が付いた。例えば、ほかの購入者が順張り的な行動をとるのか、それとも、逆張り的な行動をとるのかで、運用成績は大きく変わるはずだ。

購入者に影響力を与えてそのあたりの舵取りをするのも運用担当者の重要な仕事なのかもしれない。


『日本企業価値向上ファンド』、
ますます目が離せなくなってきたぞ。

ちなみに、2015年04月17日時点の運用状況。
基準価額:10027円
純資産残高:2151.26億円
(1週間で約450億円も増えてる!!)
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-18 16:12 : 雑記 : 編集

ブログを分割することにした  その理由は・・・

ブログをはじめて2年弱、ブログを分割することにした。
テーマごとに複数のブログに分けるという意味。


1.なぜ分割?

理由1:ブログサービスの分散を図るため

一番の理由はこれ。
分散投資が大切と考えながら、特定のブログサービスに集中投資しているとは何事か!!
特定のブログサービスが廃止になったりトラブッたりする場合に備えるべし、と言うこと。

理由2:読者を想定したいため

はっきりと意識していたわけではないが、
これまでは一番の読者として自分を想定していたように思う。
つまり、自分が将来読み返したときに満足できる内容を心掛けていた。

今後は、作文の練習やマーケティングの感覚習得もはかるべく、
より読者を意識して書いてみたいと思う。
といことで、テーマごとに、すなわち想定する読者ごとにブログを分割する。


2.どのように分割?

本ブログの分割
ブログ1.資産運用/投資ネタのブログ:本ブログのメインを引継ぐ
ブログ2.読書メモのブログ:読書メモはこちらで引継ぐ
ブログ3.サラリーマンネタがメインのブログ:上記2つ以外の内容はこちらで引継ぐ

新規追加(おまけ)
ブログ4.アクセスアップに励むブログ:ひたすらアクセスアップを追及するお遊びブログ


3.どのブログサービスを使う?

有名どころの下記5つから4つを選定する予定。検討中。

1.FC2ブログ:資産運用/投資ネタのブログで本ブログをそのまま使う予定
2.はてなブログ
3.Seesaaブログ
4.ライブドアブログ
5.Blogger

なお、低コストを意識して無料ブログからの選定。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-17 07:01 : ブログ運営 : 編集

純資産残高1062億円でスタート 『日本企業価値向上ファンド』??

先日の日本経済新聞にて、
日本株式の新たなアクティブファンド『日本企業価値向上ファンド(限定追加型)』(野村アセットマネジメント)についての記載があった。

「野村証券を通じて集まった当初の設定額は1062億円」とのこと。
インデックスファンドの純資産残高(せいぜい数百億円程度)と比較すると、スタート地点で1000億円越えとはとても多いという印象。

どんなファンドなのか??
気になったので調べてみた。


野村アセットマネジメントの資料からポイントを抜粋してみた。(正確ではない恐れあり)

1.日本株の中から、企業価値向上が期待される銘柄を選別する。
  中長期的な値上がり益の獲得を目指す。

2.企業価値向上の余地が大きいと思われる銘柄群から、
  「ボトムアップアプローチ」に基づいて、組入銘柄の決定、
  ポートフォリオの構築等を行なう

3.基準価額が15000円以上になった場合は安定資産による安定運用に切り替える
  (安定運用に切り替えた場合は繰上償還する)。

4.当初申込期間:平成27年3月25日~平成27年4月2日、
  継続申込期間:平成27年4月3日~平成28年3月23日

5.償還条件1:基準価額15000円(上記3.)、償還条件2:平成34年3月23日

6.購入時手数料率
  1億口未満:3.24%、1億口以上5億口未満:1.62%、5億口以上:0.54%

7.運用管理費用
  年1.35%


以下、感想。

個人的には、5.(償還条件)と6.(購入時手数料)だけでも手を出せない感じであり、「当初の設定額は1062億円」という点を除いては興味を惹かれる要素は無い。

いったい購入者は何に惹かれて投資に踏み切ったのだろうか??
・「企業価値向上」というキーワード??
・野村證券の営業力??
・最近の日本株の好調さ??
・自分にはよくわかっていないメリットがある??
・それとも、1000億円くらいは珍しくないのか??

なんだか気になるので、今後はたまに運用状況をチェックしてみたい。


ちなみに、2015年04月10日時点
基準価額:10211円
純資産残高:1,682.96億円
(運用開始から10日間もたたずに約600億円も増えてる!!)


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-12 09:15 : 雑記 : 編集

ルピア急落 通貨安の原因は?

「ルピア急落で経済対策」と題した記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。
インドネシアの通貨「ルピア」が17年ぶりの低水準とのこと。

通貨安の原因として次の記載があった。
・3年連続の経常赤字
・資源需要国(中国やインド)の景気の弱含み
(インドネシアは輸出を資源に頼っている)
・米国の利上げが今後の懸念


自分の中で、上記原因と通貨安がすぐには結びつかなかったので考えを整理してみた。

通貨安の原因として、通貨の需要/供給のバランスがある。
ルピアの需要が増えるとルピア高になり。
逆に、需要が減るとルピア安になる。

一方、経常赤字が大きいと輸入が多く、
輸入品を買うための外貨や輸入品をルピアで買うことになり、
相対的にルピアの需要が減少。

さらに、米国が利上げするとドルの需要が増加し、
相対的にルピアの需要が減少。

したがって、
・経常赤字→輸入多い→ルピアでモノや外貨を買う→相対的にルピアの需要減→ルピア安
・米国利上げ→高金利となるドルの需要増→相対的にルピアの需要減→ルピア安

という感じかな。

関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-08 21:57 : 雑記 : 編集

ビットコインの現状は?

「ビットコイン なお拡大」と題した記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。
気になったのでメモ書き。

・決済口座は世界で1年間に2.3倍に増えた
・取引の主役が米ドルから中国人民元に変わった
・ビットコインを決済で使えるお店は全世界で6316店と少ない
・ビットコインのほとんどの利用は投資目的とみられる
・ビットコインを扱う業者や取引所を監督する法規制が日本にはなく、各国とも似たような状況


ビットコインについての知識はほとんど無かったが、「国のお墨付きのないお金」というイメージだろうか。用途もあまり無さそうであり、しばらくお世話になることは無いだろうと感じた。


関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-04-03 06:55 : 雑記 : 編集
ホーム

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム