日本人の「能力の罠」?

先日の日本経済新聞に「能力の罠」なる言葉が出てきた。
強みに依存すると、他の方法を探索しなくなり、ついには固定化してしまう危険が出てきます。

特定の強みに依存しすぎると状況が変わったときに対応できないという話。


この「能力の罠」に関して感じたこと。日本の経済発展には次のような日本人の能力/性質が貢献してきたと思う。しかし、今後はこれだけではやっていけないだろう。
1.几帳面
2.協調性がある

自分も同様なため、次の2点を意識していきたい。
1.既存の能力/性質を活かせる道を探しておく
2.新たな能力の開発



見方を変えれば、能力も分散投資が大切ということ。

資産配分ならぬ能力配分も重要になってきそうだ。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-28 17:06 : 仕事 : 編集

ラップ型ファンド 下落局面でどうなった?

会社の確定拠出年金の選択肢の中に、いわゆるラップ型のファンドがある。

その特徴(分散投資コア戦略ファンドS)
・株、債券、REITだけでなくコモディティやヘッジファンドも組み入れられている
・市場環境に合わせて資産配分比率を見直す

ヘッジファンドを組み入れているため下落局面も収益獲得機会とすることができる、というような説明が当時の資料に書かれていた。また、各ファンドをリスク×リターンのテーブルに図示した中で、ラップ型のファンドだけローリスク・ハイリターンの位置づけであった。

そんなうまい話はないだろうと敬遠していたが、頭の片隅ではずっと気になっていた。


直近の株価下落を好機到来とばかりにチェックしてみると、収益獲得とはいかなかったようで普通に下落していた。ここからの巻き返しがあるのだろうか・・・??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-28 06:03 : 雑記 : 編集

長期投資と格差社会の類似点

先日の日本経済新聞からの抜粋。
格差拡大の一つの原因は、あらかじめ保険をかけることができない様々なリスクが人生の各段階で個人を襲う、ということである。リスクが無数にあれば、もっとも運の良い人と、もっとも運の悪い人の差は時間とともに開いていく。

格差社会に関する記事だが、長期投資に通じるところがある。

人生は長期戦なため、長期投資のようにリスクは累積されて大きくなる。リスク軽減のためには(格差軽減のためには)、投資と同じく分散が大切だろう。

例えば、
1.収入源を複数確保する
2.大家族で助け合って暮らす
など

しかし、昔は兼業農家のように複数の収入源がある場合も多々あったろうが、現在は副業禁止な場合も多いと思うので分散は減少しているだろう。

さらに、大家族 → 核家族 → 非婚 という方向に変化しているため、家族構成からみても分散は減少しているだろう。

ということで現実は厳しい。


個人的な対策としては、
1.稼ぐ力をつける
2.安全資産の確保
3.資産運用(投資)

といったところか。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-27 13:29 : 雑記 : 編集

いまさら気付いた「読書好きの罠」

読書好き歴20年、いまさらながらその弊害に気付いた。

読書で情報収集して知識や考え方を強化してきたつもりだったけど、ふと疑問に思った。本をまったく読まなくても、自分以上に知識が豊富で考えが広く深い人はいくらでもいる。

頭のできの違いもあるだろうが、彼らは普段の生活の中で知識や考え方を鍛えているのではなかろうか。

つまり、わざわざ知識や考え方を強化する活動(読書など)をしなくても、感度を高めれば普段の生活の中からいろいろな知識を得ることができるだろし、また、考えるネタはいくらでも転がっており思考力トレーニングはいつでもできる。

自分は読書による強化に満足してしまって、そのような普段の生活の中での強化がおろそかになっていたように思う。名付けて「読書好きの罠」(自分だけ?)。


ということで、今後は読書以外の場面での強化も意識していきたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-27 08:38 : 仕事 : 編集

改めて感じた投資信託選びの難しさ

楽天証券から「安心の投資信託選び完全ガイド 2016年版」という本が届いた。

キャンペーンに申し込んでいたものが抽選で当たったようだ。

この本をパラパラななめ読みして改めて感じたが、これから始めようとする初心者にとって投資信託を選ぶのはなかなか難しい作業だ。

以下のようなハードルがあるだろう。

■投資信託選びのハードル1
人気商品(売れてる商品≒売る側が勧める商品?)と専門家のおすすめ商品が異なりわけわからん。

■投資信託選びのハードル2
専門家によって勧める商品が異なり(例:アクティブ or インデックス、バランス型 or ノット、株 or 債券 or REIT)、誰を信じたらよいのかよくわからん。

■投資信託選びのハードル3
利用者の経済状況や考え方によっておすすめ商品が違いそうだが、自分には何が良いのかさっぱりわからん。考えようとすると、「リスク」とか「リターン」とか難しい話になってきてお手上げ状態・・・。


というような感じで、投資信託は運用自体は楽チンだが、始めるときのハードルがなかなか高い。自分も、会社の確定拠出年金がなかったら手を出すことはなかったように思う。


この本を読んで投資信託選びをあきらめる人(よくわからないのでやっぱり辞めておこうと考え直す人)も結構いるのではなかろうか・・・。名付けて「投資信託選びをあきらめさせる完全ガイド 2016年版」とか・・・(この本が悪いと言いたいわけではなく、投資信託選びはそれだけ難しいというはなし)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-21 15:43 : 雑記 : 編集

手動積立から自動積立へ変更した 初心者卒業?

これまでも会社の確定拠出年金は自動積立だった。一方、プライベートな投資(ネット証券でインデックスファンド積立)は月々手動で投資設定していた。

今月からプライベートな投資も自動積立に変更した。

■これまで手動で投資設定していた理由
1.資産配分の決定方法上、月々の投資額が一定ではない
2.投資を始めた当初は自動積立だと物足りなかった(手動の方が投資している気になれる)

■自動積立に変更した理由
1.目標資産配分からのずれは年1回程度の調整で対応できると考えた
2.自動積立の物足りなさよりも手動の面倒くささが上回るようになった
3.手動での投資忘れや設定間違い防止


ということで、今月から自動積立に変更した。年末まで放っておこう。

なお、自動積立に物足りなさを感じなくなってきたことから、なんとなく投資初心者を卒業?した気になってきた。

投資をはじめて2年半、めでたく初心者卒業?ということで、酒でお祝いでもするか(すでに書きながら飲んでるけど・・・)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-20 16:48 : 投資手法 : 編集

サラリーマン 表の仕事と裏の仕事

さえないサラリーマン歴10年ちょっと。

今更ながらサラリーマンには2つの仕事があることに気付いた。

1.表の仕事:企業/組織の目標に紐づいた個人の目標/ノルマを達成すること
2.裏の仕事:自分にとって理想的な仕事環境づくり※1

※1
以下3点を手に入れること
・希望の仕事内容/役職
・希望の仕事量
・希望のメンバー


仕事に対する意識が低く、かつ、根がまじめな自分は、課された目標/ノルマを達成することしか眼中になかった。

これからは、上記裏の仕事にも精を出してより快適で持続可能なサラリーマン生活を実現し、資産形成に結びつけていきたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-20 11:42 : 仕事 : 編集

年明けからの株安で思うこと & 含み損状況

年末時点で給料約1か月分の含み益があったリスク資産(外国株式インデックスファンド)。

年明けからの株安により、一転して給料約2か月分の含み損を抱えた状況。1か月半で足し引き給料3か月分のマイナス。冷静に考えるとなかなかのマイナスっぷりだ。

2013年8月の投資開始以来、本格的な含み損初体験のため感想を書き残しておきたい。


一番の感想は、一括投資してなくて良かったな、ということ。

投資をはじめた当初、まとまった資金を一括で投資するか、それとも時間をかけて積立てるか、さんざん悩んだ記憶がある。結局は時間をかけて積立てている状況であり、約2年半経過した今でもリスク資産比率は15%程度。そのおかげで影響が小さいうちに今回のような株安を経験することができた。また、今後も積立て続けることを考えると、今のうちに暴落してくれた方が安く買えてラッキーという思いもある。

一方、知識も経験も少ないうちに一括投資して間もなく暴落、とかなるとさすがに投資意欲を失うかもしれない・・・

ということで、経験と知識を増やしながらリスク資産も少しずつ増やしていく、という今のやり方が自分には良さそうだ。今後も継続していきたい。

なお、暴落時に一括投資したらよいのでは?、なんて考えてもいたが、その難しさを実感中。暴落時っていつだ・・・今?・・・まだ?・・・


※悩んだ日々の記録
積立投資と一括投資
積立投資と一括投資 その2
積立投資と一括投資 再考
積立投資と一括投資 再々考
積立投資と一括投資 再燃
積立投資と一括投資 セゾン投信のHPにて



また、2月9日に日経平均が一気に900円ほど下げたとき、さすがに次の日は上がるだろうと思っていた。予想に反してそのあと立て続けに2日連続で下がったのにはキタキタッ!!て感じでゾクゾク(アドレナリンが放出される感じ??)してしまった。ギャンブル好きの気があるのでは?と若干自分が心配になった・・・
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-14 11:01 : 雑記 : 編集

敵を知り己を知って資産形成 その3

コミュニケーションにおいて相手を理解することが重要と考え、2回に渡って書いてみた。

端的にいうと、1回目は「個性」2回目は「立場」について。

最も重要なことが抜けていることに気付いたいので3つ目を追加。それは「人間に共通の性質(以下、人間性)」を理解すること。つまり、人間というのは一般的に何を見て何を考え何をする生き物なのか。


それら3つを合わせると、

(人間性+個性) × 立場

となり、なんだかそれらしくなってきた。


ということで、相手このことを理解しようとするときは、上の式を頭に思い浮かべるようにしたい。



細かくいうと属している「文化」なども関係ありそうだが、「個性」の一部と考えることにする。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-14 06:04 : 仕事 : 編集

敵を知り己を知って資産形成 その2

先日のエントリにて、コミュニケーションにおいて相手を理解すること(何を見て、何を考え、何をする人か)が重要と考えた。(参考:敵を知り己を知って資産形成

本エントリでは、相手を理解する上で重要と考えるもう一つの点について書く。それは、相手の立場に着目すること。

同じ人間でも立場によって行動(何を見て、何を考え、何をするか)を使い分けるだろうから、相手の人間性だけを考えても片手落ちだ。例えば、部下として上司と接する時と、親として子供と接する時では、同じ人間であっても随分と行動が異なるはずだ。

逆に、異なる人間であっても立場に共通した行動があるだろう。例えば、親に接する子供に共通した行動など。


まずは手始めに、自分自身が立場によってどのように行動を使い分けているのか、改めて観察してみたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-13 13:57 : 仕事 : 編集

株安時に考える 2種類の想定外

想定外には二種類ある。安全対策を考える上で想定しないと決めた想定外と、本当に想定していなかった想定外だ。

と、日本経済新聞の原発事故に関する記事に記載があった。


投資の世界では「リスク許容度」というなかなか難しい問題が出てくる。難しくしている要因の一つに上記2種類の「想定外」が関係あるのではと感じた。

リスク許容度とは、ハイリスク・ハイリターンを前提にどの程度のリスクを受け入れることができるのか?、という問題。

ただし、バブル崩壊時のように、実際に被る損失が「想定外」となる可能性も大いにある。その「想定外」が上記2種類のどちらなのかは、人によって異なりそうだ。

つまり、
1.本当にまったく想定していなかったのでビックリ!!な人
2.想定外だが可能性ゼロと考えていたわけではないためある程度覚悟できている人

このように、同じ「リスク許容度」でも、各自の「想定外」の考え方によって意味合いが大きく異なってきそうであり、要注意と感じた。



なお、同じ記事の中で、「深層防護」なる言葉が出てきた。原子力施設の安全対策を多段的に構成するという考え方らしい。投資の世界における安全対策は「分散投資」ということになるのだろう。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-13 06:44 : 雑記 : 編集

敵を知り己を知って資産形成

前回のエントリで棚卸しした武器の一つにコミュニケーション能力がある。
(参考:手持ちの武器を棚卸し これらの武器を手に資産形成に励む

あるといっても貧弱な武器ゆえ、鍛えなおす必要がある。

本エントリでは、コミュニケーションの基本は相手を理解することと考え、理解するために何をすべきか考えてみた。


アレコレ考えてみた結果、人間の行動のステップを元に、次の3つの視点から相手を理解しようとすべしという結論に至った。

視点1.何を見る人か?
視点2.何を考える人か?
視点3.何をする人か?

つまり、世界をどう見て、そこから何を考え、その結果どのような行動をする人なのか?


※人間の行動のステップ(こんな感じかな)

外界からの刺激

知覚

思考

行動



まず手始めに、上記3つの視点から自分自身について理解を深めてみたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-07 20:48 : 仕事 : 編集

手持ちの武器を棚卸し これらの武器を手に資産形成に励む

資産形成(仕事・投資)に使えそうな(使っている)手持ちの武器を確認してみた。

1.言語能力
 日本語とわずかな英語

2.肉体
 一般的な30代半ば男性の肉体

3.理系的/エンジニア的な知識/考え方
 メインの稼ぎ頭

4.コミュニケーション能力
 一般的なサラリーマンより低いだろう

5.金融資産
 ケチケチ持家なし車なしのため同世代の平均より多そう

6.投資知識
 一般的なサラリーマン(ほぼ知識ゼロの人が多いような)よりは高そう

7.社会経験
 一般的なサラリーマンより乏しいはず

8.人脈
 お金を生みそうな人脈は社内のみ・・・

9.思考パターン
 おそらく日本人的な(世界的には癖があるだろう)思考パターン 武器ではない?

10.性格
 まじめ、控えめ、我慢強い 武器ではない?

11.アルコール耐性
 平均より強そう もちろん武器ではない


と言う感じ。改めてみてみると、これぞという武器が無いような・・・。これらの武器を手に戦いながら、並行して武器を強化・開発していきたい。

なお、くまなく探せば手持ちの武器はまだあるかもしれないため、1週間くらいは気づいたら追加していきたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-07 00:17 : 仕事 : 編集

仕事をゲームのように楽しむために

仕事に関わらず、人間の行動は以下を基本にしているように思う。

1.情報収集
2.情報分析
3.目標決め
4.計画/作戦立て
5.実行
6.反省/改善


仕事もゲームも投資もブログも狩りも農業も家事も戦争も何もかも、基本的にこのパターンではなかろうか(意識していないかもしれないが)。

同じようなことをしているはずなのに、ゲームは楽しくて仕事は楽しくない。なぜだろうか??


仕事は苦痛を伴うがゲームは苦痛を伴わないから、では無さそうだ。人は、肉体的にも精神的にも苦しいはずのマラソン大会に喜んで参加したりするのだから。


そうではなく、強制か任意かの違いであろう。人間は変に繊細なので、任意だと喜んですることも強制されると面白くなかったりするのだ。

だとしたら、仕事を楽しむにはどうすればよいのだろうか?

手段1.嫌ならいつでも辞められる状態にしておく
     (十分な資産を築く(経済的自由)、再就職に困らない仕事力を身に付ける)
手段2.強制からではなく自発的に仕事をする
     (強制される前に先手先手で先回りする、要求されている以上のことをする)
といったところだろうか。


以上より、ゲームのように仕事を楽しむために次の3つを意識していきたい。といっても、1.と2.は既に奮闘中のため、新たに3.を加えていきたい。

1.資産を築く
2.仕事力を身に付ける
3.先手先手で、要求されている以上のことをする



と、書くのは簡単なのだが・・・とりあえず目指していきたい・・・
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-06 14:09 : 仕事 : 編集

マイナス金利 攻めてみた

先週末に決定されたマイナス金利政策の影響で、一部安全資産(貯金、個人向け国債など)の金利が既に下がっており、今後もあとに続くと予想される。

そんな中、パッシブ運用を目指しておきながら一貫性に欠けるが、ちょっとばかり攻めに出てみた。

金利低下を見越して、定期貯金の一部を満期前に解約し、より長期間/高金利なものに設定しなおしたのだ。

具体的には、オリックス銀行の1年もの(金利0.25%)を途中で解約し、同じくオリックス銀行の5年もの(金利0.4%)に乗り換えた。自分も利用している個人向け国債(変動10年)の2月の金利(0.05%)と比較するとなかなかの高金利だ。

個人的には今年一番の大バクチ!? 吉と出るか凶と出るか、5年後が楽しみだ(少なくとも今年は大吉だったので間違いないはず・・・、来年以降の金利動向が心配だ・・・)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-06 06:33 : 雑記 : 編集
ホーム

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム