「分散投資」と「選択と集中」の使い分け

『経営戦略の思考法』(沼上幹 著)と言う本からの抜粋。

皆がフルライン・フルカバレッジ企業になれば、本質的な意味での差別化や棲み分けが行われないのだから、投入できる技術者や営業マンの質と量で各社の勝ち負けが決まってしまうという側面が、強く出てくるはずである。つまり、業界トップのリーダーが勝ち続ける固定的な業界秩序が出来上がるのである。


つまり、強者と弱者がともに「分散投資」をすると、規模の大きい強者が勝ち続けるということ。

したがって、弱者が勝つためには、「選択と集中」という手段をとる必要があるのだろう。しかし、「選択と集中」は勝つ可能性がある一方で、「分散投資」よりも負けが大きくなる可能性もある。


以上のようなことを考えると、「分散投資」と「選択と集中」は次のように使い分けるべきだろう。

■「分散投資」が良い場合
・自分が強者な立場のとき
・強者に勝つ必要がなく、勝つことよりも大きく負けないことを優先したいとき

■「選択と集中」が良い場合
・強者に勝とうとするとき(しかし、「分散投資」より負けが大きくなる可能性あり)
・「分散投資」以上の成果を上げたいとき(「分散投資」よりも悪い結果になる可能性あり)
・「分散投資」することのコストが大きい場合や、そもそも「分散投資」できない場合


自分の場合は次のような感じ(後付けですが)。
投資:勝つ必要がなく、大きく負けないことを優先したいため「分散投資」
仕事:勤め先を分散できないため「選択と集中」(できれば勤め先も分散したいのだが・・・)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-31 08:27 : 仕事 : 編集

資産運用における差別化戦略

「経営戦略の教科書」(遠藤功 著)という本を読んでいると、次のようなフレーズが出てきた。
持続的な差別化こそ企業の目標

自分の資産形成活動(仕事・投資・消費)の中で、差別化できている点はあるだろうかと考えてみた。

1.仕事(サラリーマン)
 →差別化できるほどの能力も資質も無さそう・・・

2.投資
 →インデックス投資のためそもそも差別化を狙っていない・・・

3.消費
 →ケチな性格が幸いして節約と言う点で差別化できているかも!!


と言うことで、差別化できている(かもしれない)点として考えられるのは消費(節約)のみ。

個人的には意識して頑張っているつもりのない節約が、唯一考えられる差別化できている点とは、ケチな性格は意外と有益だ・・・。


以上より、仕事や投資で差別化できていない分を、節約という差別化?でカバーするというのが、自分なりの差別化戦略ということになるのかな。



なお、お酒を控えればもっと節約できそうだけど、最後の手段として温存しておこう・・・(消費して経済に貢献するのも大切だし・・・)。

と言うより、ケチなだけが取り柄という現実を突きつけられて、飲まずにはおられない・・・

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-27 11:20 : 雑記 : 編集

「目的」と「目標」の違いは 「お金」と「アリ」と「人間」の違いで考えるとわかりやすい

「目的」と「目標」の違いがスッキリしなかったので、自分なりに考えてみた。

【目的】
・改めて設定せずとも、すべての行動に伴うもの
・達成するためのものではなく、行動の方向性を示す無意識的なもの
・感情/本能からくるもの

【目標】
・自ら設定するもの
・達成することを意識した具体的な数値や状態
・理性からくるもの

という結論。


次のように考えるとわかりやすい。

『蟻(アリ)の行動にも「目的」はある。しかし、「目標」を設定するのは理性のある人間だけ。なお、行動すらしないお金自身には「目的」もない。』

     目的  目標
人間   ○   ○
アリ   ○   ×
お金   ×   ×


あくまで個人的な解釈ですが・・・




なお、上記のように目標は自ら設定するものと考えるが、どのように設定すれば良いだろうか?

次の3つを考慮に入れて設定すべしと考える。
1.目的
2.現状
3.実現手段

例えば、資産形成の場合。
1.目的:生き抜くため など
2.現状:今のままでは老後に○○円不足しそうだ など
3.実現手段:節約、収入アップ、投資 など

目標:不足する○○円を確保するために毎年△△円節約して積立投資に回す など


式で表すとこのようになるが、
現状 + 目的 + 実現手段 → 目標

実際はこちらのニュアンスだ。つまり、現状と目的がまずあって、実現手段を考慮しながら目標を設定する。
現状 + 目的 → 実現手段 + 目標



なお、これは前回のエントリで書いた「アリの思考」の立場であり、「キリギリスの思考」では次のようになるのだろう。(ややこしいですが、上の方で出てきた「アリ」は虫のアリ、この「アリの思考」は思考方法の分類)
理想 + 目的 → 目標

つまり、現状からではなく理想から考える。その際、実現できる範囲という制約を設けない、と言うより、そもそも「キリギリスの思考」では実現することまで考えないのだろう。



と言うことで、同じ「目標」でも、「アリの思考」と「キリギリスの思考」ではニュアンスが異なるだろう。前者は実現を意識した目標であり、後者は実現できるかどうかを考えない目標。



ちなみに、よく聞く「ありたい姿」とは、「目標」の集合体と考えれば良いのだろう。と言うより、各「目標」が「ありたい姿」の一部分と言う方がイメージしやすい。

「ありたい姿」も「目標」と同様に「アリの思考」と「キリギリスの思考」ではニュアンスが異なる。
・「アリの思考」のありたい姿:現状から考える、実現性を考慮する
・「キリギリスの思考」のありたい姿:理想から考える、実現性を考慮しない


(追記したり、次に書いていたエントリと統合したりしたので、どんどん長くなってしまった)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-26 06:56 : 仕事 : 編集

『問題解決のジレンマ』とその対策

引き続き『問題解決のジレンマ イグノランスマネジメント:無知の力』(細谷功 著)より。

「問題解決」と「問題発見」のそれぞれに必要な価値観やスキルは180度異なる=(狭義の)問題解決ができる人は問題発見ができないとう、構造的な「問題解決のジレンマ」が存在する。


この本では、「問題解決」に必要な思考回路を「アリの思考」、「問題発見」に必要な思考回路を「キリギリスの思考」と表現している。「問題解決」と「問題発見」に必要な思考回路が両立しないことを「問題解決のジレンマ」と呼んでいる。

アリに祟られているためか(ド田舎に生まれ育った自分はしばしばアリの巣をほじくり返して遊んでいた)、自分は典型的な「アリの思考」のように思う。ゆえに、問題解決には適しているが、問題発見には適していないことになる。

■アリの思考
1.ストック(貯める)
2.閉じた系(線を引いて内側と外側を区別(分類)する)
3.固定次元(既存の評価軸の範囲内で最適化する)

■キリギリスの思考
1.フロー(使う)
2.開いた系(線を引かずにフラットに考える)
3.可変次元(新たな評価軸を作り出す)


アリの思考を有する自分が問題発見するためにはどうすれば良いのか?

この本には次の3つの方法で視点や思考の次元を上げることが紹介されていた。しかし、言わんとしていることはわかるけど具体的にどうすれば良いのかわかりにくい。
1.抽象化・アナロジー
2.思考の『軸』
3.Why(上位目的)

そこで、上記をベースにしながらより具体的な手段を考えてみた。
1.理想から考える  (← 普段は現実から考えている)
2.新規の評価軸を導入  (← 普段は既存の評価軸の範囲内で考えている) 
3.現状を否定してゼロから考える(そもそも論)  (←普段は現状をベースに改善している)

と言うことで、アリの思考をベースにしながら、部分的にキリギリスの思考を取り入れていきたい。


なお、アリの思考はストック志向なため、貯金や積立投資をするには良さそうだ。一方、フロー志向なキリギリス思考の人は、資産管理上問題ないのだろうか??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-20 19:23 : 仕事 : 編集

『「閉じた系」のジレンマ』と『定義のジレンマ』?

前々回、前回に引き続き『問題解決のジレンマ イグノランスマネジメント:無知の力』(細谷功 著)より。

『「閉じた系」のジレンマ』という言葉が出てきた。自分の理解した内容は次のようなこと。

ある問題を定義するには、問題とする範囲や考慮する変数を限定する必要がある(解けるようにするための簡単化の意味も込めて)。問題を解くとは、その限定した範囲(閉じた系)での最適解を探し出すことである。しかし、簡単化したため、あるいは、当初と状況が変わってきたため、問題を定義する際に設定した閉じた系と現実との間にズレが発生する。

要するに、問題を定義するには閉じた系を設定しないといけないけど、その閉じた系と現実の間にはズレが発生してしまう、ということだろう。




なお、この本では上記のような「問題の定義」に関して書かれていたが、似たようなことは何かを定義しようとすると一般的に発生することだろう。

つまり、何かを定義しようとすると、次の2つを実施しないといけない。
1.定義する範囲を決める(定義しようとする対象とそれ以外との境界を決める)
2.1で決めた範囲を言葉で表現する(言葉で表現できる範囲でしか定義できない)

このとき、定義する範囲は人によって異なるだろうし、時代と共に変わっていくだろうし、また、言葉で表現する際に若干ニュアンスが変化するだろうし、などが原因となって定義と現実の間にはズレが生じるだろう。

しかも、そのようなズレが生じた場合、現実ではなく1度決めた定義の方を「正」とみなしていくように思う。

『定義のジレンマ』といった感じか。

定義に踊らされないように注意したい。定義よりも現実が重要だ。



また、一旦自分の行動を言葉で定義してしまうと、その定義に自分の行動が縛られてしまうようにも思うので注意したい。逆に、それをうまく利用する手もありそうだ。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-20 12:24 : 仕事 : 編集

『知(識)のジレンマ』と金銭感覚

前回も取り上げた『問題解決のジレンマ イグノランスマネジメント:無知の力』(細谷功 著)という本に、「知(識)のジレンマ」なる言葉が出てきた。

知(識)は「事実」と「解釈」で構成されるが、一旦獲得すると固定化されてしまい(特に「解釈」)、それが新しい知(識)を生み出す際の妨げになるというはなし。


考えてみると、自分にも思い当たる節がある。

例えば、投資などを通してお金に関する知識をどんどん増やしている気になっている。しかし、「解釈」の部分に着目すると、子供時代に身に付けた金銭感覚をいまだに引きずっているように思う。

その金銭感覚が自分のお金にまつわる行動(投資、消費、お金関係の読書、など)に影響を与え、お金に関する新しい知(識)獲得に制限を与えてそうだ。


と言うことで、ありたい金銭感覚について一度考えてみようかな。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-20 07:10 : 雑記 : 編集

資産が増えれば増えるほど所有していない資産も増えていく?

『問題解決のジレンマ イグノランスマネジメント:無知の力』(細谷功 著)という本からの抜粋。
知れば知るほど無知な領域は増えていく

逆の(知れば知るほど無知な領域は減っていく)ように思うがそうではない。知識が増えることで、自分の知らない新たな領域の存在に気付き、知らない(と認識している)ことがどんどん増えていくということ。


同様に考えると、資産が増えれば増えるほど所有していない資産も増えていく、だろうか。

資産が増えるほど欲が出てきたり、あるいは、資産が少ない時にはその必要性や存在自体に気付いていなかった資産に気付いたりして、所有していない(と認識している)資産がどんどん増えていくような。


知識も資産も求めればきりがない。「足るを知る」が大切になりそうだ。(まだまだ心配するほど増えてないけど・・・)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-19 22:24 : 雑記 : 編集

『非日常的な時間』を得る手段としてのインデックス投資?飲酒?仕事?

「パンツをはいたサル」(栗本慎一郎 著)という本からの抜粋。生きていくには非日常的な時間が必要というはなし。

私たちは、秩序にがんじがらめに縛られて働きつづけたら、おそらく若くして老いるだろう。悲しいことに、日本人はリオのカーニバルや、原始共同体の祭りのように、共同体全員による一挙の蕩尽法を持っていない。
 やむなく、酒を飲んだり、競馬やマージャンのようなささやかなギャンブルによって、内に積もったエネルギーを消費し、わずかなおカネを「蕩尽(!)」している。そうやって、スズメの涙ほどの聖なる世界をのぞき見て細々と生きていけるわけである。


自分は非日常的な時間を持てているだろうか?考えてみた。

候補1:大好きな飲酒
候補2:インデックス投資というささやかなギャンブル
候補3:サラリーマン/仕事という名の祭り


まっさきに頭に浮かぶのは飲酒かな。今もブログを書きながら土曜日の朝から飲んでいる・・・。(これも生きていくため・・・?)

最近はサラリーマン/仕事は一種の祭りのようなものだと感じており、ある意味非日常的かもしれない。毎日がカーニバル状態!?、正気ではやってられない・・・。

個人的にはインデックス投資もささやかなギャンブルの範疇かな・・・。


思い浮かぶ非日常的な時間はこんな感じだが、逆に、そもそも日常的な時間とは何だろうか?
変化の激しい現代社会で日常なんてあるのかな・・・??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-19 12:08 : 雑記 : 編集

インデックス投資のメリット 人工知能の勝利で再確認

人工知能が囲碁のトップ棋士に3連勝した。

開発元はグーグルとのことで、次の商売に向けて着々と仕込んでいる印象。
(それにくらべて、自分や自分の勤めている会社は将来に向けて仕込めているだろうか?朝からお酒を飲みながらブログを書いている場合ではない??)

グーグル(正確には持ち株会社のアルファベット)と言えば自分の投資しているインデックスファンド(MSCIコクサイ・インデックスをベンチマークとするインデックスファンド)の上位組入れ銘柄※なため、このニュースで株価が上昇すれば自分もその恩恵を受けることができる。

※<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドで組入比率0.8%(第10位、2016年1月末現在の月報より)


インデックス投資の良いところは、このように他人(縁もゆかりもない会社)の頑張りの恩恵を受けられるところだ。

逆に、不祥事などで他人(縁もゆかりもない会社)の過ちのとばっちりを受けることもあるだろうが・・・。



一方、労働市場で人工知能と競合(より正確には人工知能の所有者とのたたかい?)することになるかもしれないいち労働者の立場としては、人工知能の発達は微妙だな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-13 10:55 : 雑記 : 編集

倹約は敵? ケチにはつらい時代

先日の日本経済新聞からの抜粋。戦時中のスローガン※とのギャップがすごい。
今どきの若者が消費を楽しまないのは大人にも責任がある。かつては会社でも上司が若い部下にお酒の飲み方を教えてきたが、最近は大人も仕事が忙しく余裕がない。若者があこがれるような消費の姿を見せるのも、大人世代の役目かもしれない。

※戦時中のスローガン
『欲しがりません勝つまでは』
『ぜいたくは敵だ!』


消費を楽しんで(お金を使って)ほしいのは若者ではなく金持ちだろう。多くの若者は消費を楽しむ金銭的余裕や精神的余裕がなさそうだ。大人世代の役目はそれら余裕を提供することだ。


なお、ケチな自分はそのような余裕を提供されても消費せずに貯め込む(積立てる)だけと思うが・・・(そもそも若者ではないが・・・)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-13 08:33 : 雑記 : 編集

インデックス投資 売る側の立場で考えてみると 

インデックスファンドを利用する側の立場としては、ファンドに求める一番の要望はコスト低減だ。

いちサラリーマンとして売る側の立場で考えてみると、他社と差別化するための主な要因がコストという、なんとも厳しい商売である。他社より優位に立とうとすると、まずはコスト低減だ。

コスト低減は手段も限られると思うので、行き着く先は、
1.人員/給与削減(その結果、格差拡大?)
2.ほかの事業で埋め合わせ(その結果、高コストアクティブファンドの蔓延?)
などが予想される。

ということで、自分のようなインデックスファンド利用者のコスト低減要望が、格差拡大や高コストアクティブファンド蔓延の後押しをしているといえるかも(妄想)・・・

さらに、格差拡大を後押ししているとすると、経済発展を妨げているということになるのかな(妄想)・・・
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-12 20:39 : 雑記 : 編集

MMF償還見通し マイナス金利をきっかけに想定外ではなくなったもの

「MMF 全社が資金返還」と題した記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。
MMFを扱う全11社が償還する見通しで、一時は残高が20兆円を超えた人気投資信託が事実上、姿を消す。


MMF(マネー・マネージメント・ファンド)を作った当初はマイナス金利なんて想定していなかっただろう。一時は投資信託の4割を占めていたそうな。4割とはすごい!!

この記事を読みながら、次のようなことを(個人的には)想定外とは言えなくなったかなと感じた(マイナス金利から察することができる?・・・)

マイナス配当
マイナス給料
マイナス料金
マイナス税金
マイナス保険
マイナス年金
   ・
   ・
   ・

と言うことで、マイナス年金も想定し、なおいっそう資産形成に励むとするか・・・
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-12 13:40 : 雑記 : 編集

動物園とインデックス投資の類似性

前々回前回に引き続き『選択の科学』(シーナ・アイエンガー著)より。

自己決定権の有無の関係から、苦労の絶えないはずの社長が長生きで、苦労の少ないはずの動物園の動物が短命と言う話。

この話を読みながら、動物園の動物とインデックス投資には類似点があると感じた。

【類似点】
自分で何もしなくて良いが運命は他人に握られている
・動物円の動物:何もしなくても餌を運んできてくれるが、
         運命は動物園の方針や飼育係りに握られている
・インデックス投資:何もしなくても株価UPの恩恵を受けられるかもしれないが、
           運命は市場・経済・企業・労働者・他の投資家・・・などに握られている



ただし、相違点もある。

【相違点】
動物は動物園に入るかどうかの選択すらできない。一方、インデックス投資は実施するか/実施しないか(辞めるか)の選択はできる。



以上より、動物園の動物のように自己決定権に乏しいことから、インデックス投資の継続は難しい(短命に終わる)のかもしれない。自己決定感を満たそうとすると、インデックス投資を選択したこと自体に執拗にスポットをあて続けるしか無いような・・・。

または、資産配分やファンド選択などで自己決定感を満たす手も考えられるが、基本的に一度決定したら頻繁に変えるものではなく自己決定感を満たすにはもの足りない。(自分のように?)自己決定感を満たそうとして資産配分やらファンドやらを変更しすぎるのも投資には逆効果で本末転倒だろう・・・。


ということで、インデックス投資は自己決定感を満たしづらそうなので、長期間継続するためには、例えば、(普通であれば継続困難なのに)継続できている自分に酔いしれるとか、あるいは、このようなブログを書いて自己満足にふけるとか、そういうキモさも必要かもしれない・・・。


ちなみに、自己陶酔や自己満足は動物園の動物にはできない高度な?芸当なのかも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-06 10:43 : 雑記 : 編集

個人主義と集団主義とインデックス投資

前回も取り上げた『選択の科学』(シーナ・アイエンガー著)という本に、個人主義と集団主義の話が出てきた。

個人主義の人々(例:アメリカ人)と集団主義の人々(例:日本人)とで、選択する際の基準が異なるという話。すなわち、個人主義の人々は「個人の目標」を優先させ、集団主義の人々は「集団の目標」を優先させる。

なお、自分自信はかなりの集団主義と自覚している。日本人であるだけでなく、ド田舎の農家の家系のため、氏も育ちもどっぷりと集団主義に染まりきっていると思う。

そのような自称集団主義者の自分にとってサラリーマン生活は実にしっくりこない。具体的には成果主義というのが肌に合わない。成果主義は個人主義的な発想と思うので、幼少期から集団主義に馴染んできた自分にとって違和感がぬぐえない(企業に持ち込む前に幼少期からの教育を個人主義的にしていく必要があるのではなかろうか)。

そんな自分とってインデックス投資というのはなかなかしっくりくる。勝ちを狙わず平均で満足する、まさに集団主義的な投資手法のように思う。もちろん、結果的にうまくいくかどうかは別の話だが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-05 16:49 : 雑記 : 編集

投資信託は選択肢が多すぎ?

『選択の科学』(シーナ・アイエンガー著)という本を読んだ。

選択肢は人に自己決定感を与えるが、選択肢が多すぎても駄目、というような話。自由(選択肢の多さ)と制約(選択肢の縛り)のバランスが大切なのだ。

よくよく考えるとあたり前のようにも感じるが(選択肢が多すぎる(例えば1万)と絞り込むのが大変だし、逆に少なすぎる(例えば2)と自分で選んだ気がしない(選ばされた感が残る))、なかなか興味深い内容であった。


投資信託選びは難しいというエントリを先日書いたが、選択肢の多さもその一因だろう。例えばSBI証券や楽天証券で現在取り扱っている投資信託は2000本以上あるようだ。

この本の内容を踏まえると、もっと厳選して数を絞った方が選びやすくなり利用者が増えるのではなかろうか??


参考
改めて感じた投資信託選びの難しさ
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-05 12:32 : 雑記 : 編集
ホーム

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム