インデックス投資とバードウォッチングの類似点?

「鳥たちに人生を重ねて ~NYセントラルパーク物語~」というアメリカで作製されたドキュメンタリー番組が、NHKの「BS世界のドキュメンタリー」にて放送されていた。

ニューヨークの街中にある巨大な公園「セントラルパーク」を舞台としたバードウォッチング愛好家たちの話。

その中で、次の言葉になるほどと思った。
もし、鳥の種類が甲虫と同じくらい多かったら、バードウォッチングは成立しないでしょう。人が甲虫の観察をしない理由は、ほぼ不可能だからです。
鳥の種類はちょうど良いんです。いつも興味深く鳥の姿を探すことができます。

そういう観点で考えたことは無かったが、鳥の種類は観察を楽しむのに適した数ということだ。(お店に展示するジャムの種類が多すぎるとかえって売れないという話を聞いたことがあるが、それと似たようなことか。)

インデックス投資にも同様のことが言えそうだ。

”個別株投資をしない理由は、ほぼ不可能だからです。インデックスの種類はちょうど良いんです。いつも興味深くインデックスの数字を追うことができます。”



さらに、次のようなコメントがあった。
何がおもしろいんだと思うかもしれません。でも、鳥の生態は一つ一つが不可解で謎めいた小宇宙なのです。

これもインデックス投資にも言えるかな。

”インデックス投資の何がおもしろいんだと思うかもしれません。でも、インデックスの一つ一つが不可解で謎めいた小宇宙なのです。”



最後に、もう一つ。
バードウォッチングは私の人生の幸福度を高めたくれたと今強く感じています。命は永遠ではないとはいえ、私に残された時間は永くはないからです。

”インデックス投資は人生の幸福度を高めてくれるはずと願っています。自分に残された時間は永くはないからです(せいぜいあと数十年)。”





ちなみに、セントラルパークに飛来してくる鳥は年々減ってきているとのこと。環境破壊と関係があるのだろう。

鳥の数と環境破壊は負の相関となりそうだが、インデックス投資と環境破壊は正の相関になって欲しいな。

環境を破壊して、かつ、人類は繁栄しない(→インデックス投資はうまくいかない)、となったらいったい何をやっているのだか・・・単なる地球のがん細胞・・・。環境を破壊するなら、せめて人類が繁栄してインデックス投資がうまくいって欲しいな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-01-27 23:44 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム