武士の資産運用

『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』(磯田通史 著)という本がおもしろかった。

幕末から明治初期にかけての、とある武士(加賀藩の経理係のような役目)の一族の家計簿を元に、お金を中心とした武士の厳しい生活について書かれた本。

興味をそそられる記述であふれていたが、特に興味深かった4点について感想を書いてみる。



1.数学から身分制度は崩れていく

家計簿の主は、今でいう経理係のような役目であり、数学の才能を武器に出世していった。数学には個人の向き不向きが大きく、世襲には向かないため、数学的才能があれば出世できたとのこと。

なお、これは世界的な現象であり、例えば、ナポレオンも数学的才能を必要とする砲兵将校を足がかりに出世していったようだ。

ちなみに、理系な自分は、数学的能力は平均以上と思うが出世できていない。数学以外の能力に問題がありそうだ・・・。職を得て給料をもらえているだけで良しとするか。



2.武士の身分費用

武士の身分費用とは、「武士身分としての格式を保つために支出を強いられる費用」であり、例えば次のような費用。
召使を雇う費用。親類や同僚と交際する費用。武家らしい儀式行事をとりおこなう費用。そして、先祖・神仏を祭る費用。これは制度的・慣習的・文化的強制によって支出を強いられる費用である。

幕末になってくると、武士の身分収入(俸禄)が減少していく一方、身分費用はそれほど減らないため、生活が苦しくなっていったとのこと。武士が借金するのは普通のことだったようだ。

なお、サラリーマンとしての身分費用は、スーツ、靴、カバン、文房具、飲み会代、などが考えられるが、身分収入(給料)を圧迫するレベルでは無さそうであり、そういう意味では当時の武士より恵まれているのか。

ちなみに、サラリーマンと言えども、富裕層たちは、富裕層のステータスを維持するという意味での身分費用がありそうだ。節約生活(ケチケチ生活)を送っている自分の節約家(ケチ野郎)としての身分費用は少ない・・・。



3.将来が見えないのはいつの時代も同じ?

幕末から明治にかけての武士は、社会の変化に戸惑い、不安で先の見えない生活を送っていたようだ。
直之は鉄道開業の様子を聞いて、自分が時代の遺物となったことを悟ったのだ。新政府のめざすものが、鉄道開業に代表される文明開化であり、これには膨大な予算がかかること、そのため、安然として何もしない士族の家禄は削減されざるを得ないこと、を悟ったのである。

この他にも、例えば太陽暦の導入一つとっても天地がひっくり返るほどの衝撃だったらしい。

なお、不安の中にも新しい事物を見聞きするのを楽しんでいた様子もうかがえるとのこと(残されている手紙から)。楽しみを見出すのは、苦しい日常を生き抜くための一つの知恵なのだろう。

ちなみに、現在も、地球環境問題やら、少子高齢化やら、テロの問題やら、先の見えない生活を送っている(と個人的には感じている)。イギリスのEU離脱やアメリカのトランプ大統領誕生は、苦しい日常を送る市民が楽しみを見出そうとした結果なのかもしれない。変わり映えのしない苦しい生活が続いていくよりも、何でもいいから変化が起こった方が楽しめそうだ・・・。自分も、不安を抱く一方でそのようなニュースを見るのを楽しんでいる面もありそうだ・・・。



4.武士の資産運用

明治に入ると家禄がもらえなくなり、家計簿の主は自分で資産運用したようだ。次の4つの選択肢を組み合わせて運用していたとのこと。

      (運用方法)     (期待利回り) (元本リスク) (流動性)
選択A:農地を購入して地代を得る   7.5%    小         低
選択B:借家を購入し家賃を得る    13%    中→小       低
選択C:会社に貯金して利子を得る   15%    大→中       高
選択D:親戚知人に貸し利子を得る   20%    甚大        中

期待リターンは残された資料から計算したらしい。リターンが高いように思うが、その分リスクも高かったのだろう。

なお、この中でもBとCに、特に、Bの借家購入に資金をシフトさせていたとのこと。今でいうところのアパート経営といったところか・・・。今の時代と違って人口が増え続けた当時、賃貸業は良かったのかもしれない。

ちなみに、資産が足りなくなると資産運用をはじめるのは、今も昔も変わらないということか。今となっては、あの手この手で国も個人の資産運用を推奨するありさま。一億総活躍したところで、(資産運用にでも手を出さない限りは)必要な生活費も得ることができないということか・・・。まんまとのせられている自分・・・。





ということで、非常に興味深い本だった。学生時代は歴史が大嫌いだったけど、このような本を読むとすごく興味がわいてくる。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-02-11 07:35 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム