サラリーマンは世を忍ぶ仮の姿?

「真田太平記」(池波正太郎 著)という本を読んだ。昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の影響で読み始めた歴史小説。

特に印象に残ったのがいわゆる忍者。本では”草の者”と書かれていた。この物語では真田親子と同程度かそれ以上に出番が多く、また、重要な役割を担っていた。

普通は真田親子などの武将に興味を持つのかもしれないが、自分は忍者に引き付けられてしまった。


忍者の何が自分を引き付けたのか?

アレコレ考えてみた結果、「徹底的な目的志向」に惹かれたのだろうという結論に至った。

例えば、武将であればいろいろなしがらみを抱えているため、目的は複雑になり、かつ、手段は制限されるだろう。

一方、忍者の場合、与えられた明確な目的に対して、何でもありの自由な手段で臨むことができる。まさに、目的のためには手段を選ばずの世界。そういう世界に魅力を感じたのだろう。

特に、サラリーマンというしがらみの多い生活を送っているため、より一層魅力的に映ったに違いない。(逆に、武士の世界はサラリーマン的だ・・・。というより、サラリーマン社会には武士の影響が残っているのか?)



ということで、生活の中に忍者的な「目的志向」の要素を取り入れてみようかな。

例えば、忍者が情報収集のために正体を隠して商売をするような感覚で、自分も資産形成活動のために正体を隠してサラリーマンをしている忍者という設定にするとか・・・。



自分は農民の子孫とばかり思っていたが、もしかしたら、農民になりすました忍者の子孫だったのかも、という妄想をしてしまった・・・。いつ指令が来ても対応できるように心の準備をしておこう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-02-19 08:40 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム