読書メモ52 『資産運用実践講座Ⅰ』

『資産運用実践講座Ⅰ』
山崎元

資産運用についてQ&A方式で書かれた内容である。

全般的に勉強になることが多かった。
中でもためになったのは下記内容である。

「長期運用でリスクが軽減するというのはよくある誤解」
とのことだ。

自分が理解した内容は以下だ。
・「年率」を運用期間で平均した値は、
  運用期間が長くなると、バラツキ「リスク」は小さくなる
・一方、運用資産の額をみると、
  運用期間が長いほど期待値からのバラツキ「リスク」は大きくなる

要は、「年率の平均値」のバラツキをみると、
運用期間が長いほどリスクは軽減するように見えるが、
運用資産額のリスクは軽減するわけではない、ということ


直感的に理解するには以下のようなことだろうか。
「年率の平均値」が4%と5%ではバラツキは小さく見える。
一方、それが100万円を元手に100年間運用した「年利の平均値」だとすると、
運用資産額は約5000万円(年利4%)、約13000万円(年利5%)
となり、バラツキは大きい。



「リスクとリターン」についてはもう少し勉強して理解を深めたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-09-22 09:39 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム