「希望」と「資産運用」と「自己満足」の関係

※いつも以上の自己満記事・・・


前回書いたように、「漂流」(吉村昭 著)という本を読んで「希望」を持つことの重要性に気付かされた。

そこで、「希望」について改めて考えてみた。

そもそも「希望」とは、goo辞書から引用すると次のような意味。
将来に対する期待。また、明るい見通し。


「自己満足の最大化」を人生の暫定目的としている自分の場合、「自己満足を最大化できる期待。また、最大化できそうな見通し」と言い換えることができそうだ。

つまり、「希望がある」状態とは、「自己満足最大化の見通しが立っている」状態と言うことになる。

ということは、「希望を持つ」ためには、「自己満足最大化の見通しを立てる」必要がある。



ちなみに、自己満足最大化を実現するためには、経済的自由は不可欠と考えており、「資産運用」はその見通しを立てるためと言えそうだ。



ということで、「希望」とは「自己満足」を最大化できそうな見通しのことであり、「資産運用」はその見通しを立てる上で不可欠な要素である、と言ったところか。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-02-26 14:06 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム