インデックス投資と衝動抑制

「世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本」(田口力 著)という本を、タイトルに釣られて図書館で借りてみた。

GEのリーダー育成部門に在籍したことのある著者が、できるビジネスマンになるために必要なことを書いた本、という感じ。


この本の中で、有名な「マシュマロ・テスト」の話が出てきたのだが(詳細は検索いただくとして、衝動の抑制に関連する試験)、次の記述が気になった。
 あなたはこの衝動抑制について、ご自分をどのように評価しますか。強いですか、弱いですか、適度だと思われますか。
 ちなみに私は、この衝動抑制が強すぎるということが心理検査の結果で分かっていますが、強すぎることによるマイナス面があります。例えば、「物事を先に進めない」「問題の作送りをしてしまう」。他にも、めったに感情表現しないので、周囲から冷たい人間だと思われてしまう。とっさの反応ができにくくなることもあります。また、日ごろ自分を抑えすぎていると、いったんその抑制のたがが外れると爆発的に感情を表に出してしまうことがあります。

この記述がなぜ気になったかというと、自分はまさに衝動抑制が強すぎるに違いないからだ。そして、それは資産運用にも影響を及ぼしているに違いない。具体的には、インデックスファンドの積立投資を実施してるのは、衝動抑制が強すぎることと関係があるのではなかろうか。衝動抑制が強すぎることの弊害で無ければよいのだが。

よくよく考えると、マシュマロ・テストでは、待つことで追加のマシュマロをもらえることになっているが、インデックスファンドの積立投資では、待ったところでリターンをもらえることになっているわけでも無く、数十年待ったあげく無駄に終わることになるかもしれない。まさに衝動抑制のなせる業と言えそうだ。



ということで、自分の衝動抑制の強さには気を付けていきたい。ただ、インデックスファンドの積立投資については、明らかに悪いというわけでも無さそうなので、とりあえず継続するとしよう。



ちなみに、アルコールが入ると多少なりとも衝動抑制が軽減されるように思う。つまり、自分にとって、アルコールは衝動抑制を適性値に近づける作用がありそうだ。なるほど、それで自分はアルコール好きだったのか、という正当化・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-03-05 17:13 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム