お金は手段か目的か 守銭奴という戦略?

「技術進歩と伝搬のスピード」と題した記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

次の部分になるほどと思った。
人類史上では、経済成長は18世紀半ばの産業革命に始まる最近250年に特有の現象だ。労働を機械に代替する技術進歩による生産性向上が経済成長の本質である。

同様に考えると、労働をAIに代替する技術進歩による生産性向上が経済成長をもたらすことになる。

ただし、よく言われるように、AIによる労働の代替は、一部の富裕層への富の集中をもたらす懸念がある。

つまり、極端にいうと次のような感じか。
選択肢1:AIによる労働の代替を促進 → 経済成長&格差拡大
選択肢2:AIによる労働の代替を抑制 → 経済停滞&格差維持

個人投資家の立場で考えてみると、選択肢1で株価が上がって欲しい。
弱小労働者の立場で考えてみると、選択肢1では失職しそうなため選択肢2が良さそうだ。
一市民の立場で考えてみると、選択肢1で景気が良くなって欲しいものの、格差拡大によって社会が不安定になりそうなので悩ましいところ・・・。

ということで、なかなか甲乙つけがたい。ここは日本人らしく、中間くらいでなんとなくお茶を濁しておくとしよう。すなわち、AIによる労働の代替をある程度実施して、ある程度の経済成長とある程度の格差拡大を実現するのが良さそうだ・・・。






ちなみに、経済に疎いのであてにはならないが、上記抜粋部分を読んで、産業革命を境に経済が手段から目的へと変化したのではと感じた。

そして、経済の目的化が進んだ結果、お金や資産運用をテーマにしたこのような本末転倒なブログが生まれてしまうし、その前に、ちゃーものような守銭奴という妙な生き物が生まれてしまうのだ。

ただ、今の社会は生きるためにお金は不可欠であり、経済の目的化も環境に適合した生き残るための戦略の一つと言うこともできそうだ。

ということで、守銭奴は単なる妙な生き物なんかではなく、生き残りを図るべく環境に適合した結果生まれた立派な戦略なのだ。

という自己肯定・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-03-18 11:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム