サラリーマン「バブル」の崩壊?

「働き方 21世紀型の条件」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

気になった部分を抜粋。
 会社勤めだけでなく、フリーランサーや起業家など、人生の場面ごとに働き方を切り替える。時には複数の仕事を掛け持ちする。AIやロボットを味方に自らの能力を活かし切る--。そんなマルチでフレキシブルな働き方が光を放つのが21世紀だ。

幕末に「武士」という職業が無くなったように、「サラリーマン」という職業もなくなるのだろうか?


「武士」は鎌倉時代から江戸時代にかけて「バブル」を迎え、黒船来航を機に「崩壊」に向かった。

「サラリーマン」は昭和から平成にかけて「バブル」を迎え、そろそろ「崩壊」に向かう?


最近歴史小説を読んでいるせいか、「サラリーマン」と「武士」が重なってしまう・・・。




ちなみに、上記抜粋部分にある「AIやロボットを味方に自らの能力を活かし切る」ような理想論は、自分のような凡人には無理だと思う・・・。

そのような働き方が求められる社会では、格差がどんどん広がっていきそうだ。

そういう意味では、サラリーマンバブルの崩壊は格差拡大をもたらすのだろう。

崩壊する前に、せっせと資産形成に励んでおくとするか・・・。

そして、幕末を描いた時代小説を読んでイメージトレーニングもしておくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-03-25 09:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム