「ゲームの定義」と「感情のコントロール」

サラリーマン生活を少しでも前向きに送りたいと思っている今日この頃。

ありきたりかもしれないが、2つの手段を試してみたい。

手段1:ゲームの定義
手段2:感情のコントロール

■ゲームの定義(あらゆるタスクごとに定義する)
1.目標(マイ ゴール)の設定
2.制約条件(マイ ルール)の設定
3.上記目標と人生の目的(自己満足最大化)の結び付け

■感情のコントロール(あらゆるゲームごとにコントロールする)
1.理想の感情状態の設定(ゲームによって異なる)
2.感情のモニタリング
3.感情の修正(現状→理想状態)


魅力的な「ゲームの定義」と適切な「感情のコントロール」さえ実施すれば、放っておいてもゲームを楽しまずにはおられないだろう。

ここがミソである。すなわち、上記2つさえきっちりやれば、実行することまで考える(心配する)必要はないのだ。(自分が)勝手にやってくれるだろうから。




※「ゲームの定義」の補足

サラリーマンとして仕事をする上で、課せられた「目標」と「制約条件」があるだろう。それは、いわば”表の”「目標」と「制約条件」だ。上に書いたのは、それに対して”裏の”「目標」と「制約条件」とでも呼べるものであり、与えられた「目標」と「制約条件」に反しない範囲で自分に都合良く設定するものである。

要は、表の「目標」と「制約条件」ではゲームを楽しめないので、魅力的な「目標」と「制約条件」を勝手に裏で設定し、ゲームを楽しもうではないかということ(表の「目標」と「制約条件」に反しない範囲で)。



※「感情のコントロール」の補足

特に、「強気」と「弱気」のコントロールを意識したい。自分はすぐに「弱気」になる性質があるため、「強気」度合を常に把握し、「弱気」側に傾いたときには修正するようにしたい。そのためには、意図して瞬時に「強気」側にシフトさせる手段の開拓も必要だ。




以上、理想論を書いてみたが、とりあえず試してみたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-03-25 19:52 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム