保護貿易という秩序ポケット? ただの妄想・・・

「エビデンス対エピソード」というトランプ政権に関する記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

記事からの抜粋。
 正統派エコノミストと良識あるジャーナリズムは、エビデンス(証左)に基づく経済政策を行うべしと長く主張してきた。しかし今、政治的な「エピソード」が経済的な「エビデンス」をしのごうとしている。

この記事を読む限り、経済学的には保護貿易よりも自由貿易の方が良いとされているようだ。つまり、保護貿易は政治的な「エピソード」にもとづく政策であり、経済的な「エビデンス」にもとづく政策は自由貿易なようだ。

では、なぜ経済学が最も進んでいるであろうアメリカが保護貿易に走ろうとしているのだろうか?という素朴な疑問が残る・・・。


個人的な勝手な理解では、複雑系で言う「秩序ポケット」※なのだろう。

政治や経済の世界は複雑なので、多くの構成要素が複雑に影響し合った結果、保護貿易という「秩序ポケット」に向かおうとしている。

そして、そのうち保護貿易という「秩序ポケット」から抜け出して、自由貿易など別の「秩序ポケット」に落ち着いていく。

そのようにしていろいろな秩序ポケットの間を行ったり来たりしているうちに経済が発展して株価が上がっていくというハッピーストーリー?

でも、株価が長期的に上がっている状態がそもそも一つの秩序ポケットなのかもしれず、そのうち右肩上がりの秩序ポケットから抜け出してしまうかもしれない・・・。

まあでも、「秩序ポケット」問題は考えればきりがない。自分が今生きている状態も秩序ポケットかもしれないし、そもそもこの世界自体も秩序ポケットかもしれない・・・。

というような妄想を抱くのも秩序ポケットのなせる業かもしれない・・・。




※複雑系に関する自分の理解

過去の記事からの抜粋(読書メモ 『複雑で単純な世界 不確実なできごとを複雑系で予測する』
「複雑系」とは?
自分が理解した範囲で要点を書くと。

・多数の要素で構成される
・各要素は過去や他要素からの影響(フィードバック)を受ける
・フィードバックが原因となり、秩序ある挙動と無秩序な挙動の中間的ふるまいをする
 (秩序ある状態(→「秩序ポケット」と呼ばれる)と無秩序な状態を行き来する) 

と言う感じ。


「秩序ポケット」とは、例えば、
金融市場における「バブルとその崩壊」、
道路交通における「渋滞」
など。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-03-26 12:32 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム