さすがアメリカ? 大学生の10人に1人がホームレス経験ありという現実

「ホームレス大学生 アメリカ カリフォルニアからの報告」というドキュメンタリー番組がNHKのBSにて放送されていた。

大学自身の調査結果によると、カリフォルニア州立大学(学生数46万人)の学生の12%がホームレス経験者とのことで、多くの大学生がホームレス状態なのだという。

構内に寝泊りしたり、友達の家を転々としたリ、しているそうな。

ホームレス大学生が生まれる背景には次のようなことがあるようだ。
1.授業料の高騰(この10年で2倍になった)
2.家賃の高騰(1DKのアパートで月1000~1200ドル)
3.ホームレスをしてでも大学を出たい(大卒と高卒では生涯年収が100万ドル違う)

また、次のような話もあり、格差社会のレベルが日本とは違うなと感じた。
中流家庭でも子どもが大学に通うのは難しい状態で 多くの人たちが苦しんでいます




ただ、そんな状況がアメリカの強さの源になっているのかもしれないとも感じた。

自分のようにぬくぬくとした学生時代を過ごした日本人と、ホームレス経験などの厳しい現実をサバイバルしてきたアメリカ人と、どちらが勝つだろうか?

先進国でありながら新興国のようなハングリー精神を持つことができる、とも言えそうだ。

先進国であるが故のメリット(資金力や科学技術力)と新興国が有するメリット(ハングリー精神)を併せ持つ。

過酷な学生生活を送らせるのは、実はアメリカ政府の戦略なのでは?

そんなアメリカの株は有望??




ということで、アメリカを見習って、日本の大学生にホームレス経験を義務付ける時代がくる??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-04-02 09:29 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム