投資は報われるという神話が必要だ・・・

国は「経済成長」を欲するし、かつ、国民に「老後の備え」もして欲しい。

しかし、老後資金を自分で準備する必要がある今の日本のような社会では、「経済成長」と「老後の備え」は矛盾してしまう(公的年金や親族などに頼り切れる社会であれば話は違ってくるのだろうが)。

すなわち、「経済成長」のためには国民に浪費してもらう必要があるが、そうすると国民の「老後の備え」がおぼつかなくなってしまう。

逆に、国民が「老後に備え」て貯蓄しすぎると、需要不足で「経済成長」が危うくなる。

そこで登場するのが「貯蓄から投資へ」という都合の良いスローガン。

「経済成長」にもつながるし、「老後の備え」をしているという理屈も通るし、国にとって「投資」は便利な道具である。

「貯蓄から投資へ」というスローガンが有効に機能するためには「投資は報われる」という神話が必要だ・・・。



一方、自分としては、自分以外の人々には「浪費」して欲しい。

皆が「浪費」すれば景気が良くなるだろうから、自分が受け取れる収入や利子や投資リターンは増えるだろう。

自分自身は貯蓄や投資に励みながらも、自分以外の人々には「貯蓄や投資から浪費へ」というスローガンを広めたい。そのためには「貯蓄や投資は報われない」あるいは「浪費は報われる」という神話が必要だ。

とか言いながら、貯蓄や投資に励む自分の人生そのものが、図らずも「貯蓄や投資は報われない」という事例の一つになってしまうという恐れも・・・。


ちなみに、いわゆる「自己投資」や「自分磨き」がもてはやされるのは、まさに、「浪費は報われる」という神話の一つなのかもしれない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-04-07 23:39 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム