「どん底」体験は勝者をますます強くして弱者をどんどん弱くする?

『リーダーのための「レジリエンス」入門』(久世浩司 著)という本を読んだ。

変化や危機を避けることができない今の時代、「打たれ強い」リーダーが求められるとのことで、その特徴や心がけを書いた本。

特に、「どん底」を経験する逆境体験の重要さが強調されていた。



そもそも、逆境をくぐり抜けることができたということは、元々「打たれ強い」素質があったのでは?、という素朴な疑問はあるが、逆境をくぐり抜けることでその性質が強化されていくことは間違いないのだろう。

そんなことを考えていると、強者と弱者の次のような違いが頭に浮かんだ。

【強者】
元々打たれ強いため、どん底の逆境をくぐり抜けることができる。かつ、逆境をくぐり抜けることでますます打たれ強くなる。

【弱者】
元々打たれ弱いため、どん底の逆境に潰されてメンタルをやられ、さらに打たれ弱くなる。

ということで、弱者な自分は「どん底の逆境体験をくぐり抜けて打たれ強くなろう」なんて考えてはいけない。自滅するだけだ・・・。




ちなみに、「どん底の逆境体験」とは、以前読んだ「スポーツマンのためのメンタル・タフネス」でNGとされていた「オーバートレーニング(過度のストレス)」に該当するのではなかろうか。

自分のような弱者は、「どん底の逆境体験」は避けて(逃げて)、適度なストレスで少しずつ強くなっていく必要がありそうだ。

そうは言っても、今のような変化の激しい時代では、いつなんどき「どん底」に突き落とされるかわからないため「どん底」を避けては通れない。よって、強者はますます強くなり、弱者はどんどん弱くなる。そうして格差は広がっていく・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-04-15 07:57 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム