読書メモ54 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』

『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』
橘玲

この本を読んでなるほどと思ったのは、、
人的資本も資産の一つと捉えて、
国内債券の変わりにアセットアロケーションに入れる、
と言う考え方だ。

それで、若いうちは人的資本が大きいので、
株式オンリー、海外オンリー、さらに、レバレッジをかけるべし、とのこと。

かなり納得できる内容であるが、
ビビりな自分としては、
せいぜい株式比率と海外比率を高めるくらいで、
レバレッジなどは怖くて手が出ぬ。

しかし、そこが金持ちになれるかどうかの分かれ道なのかもしれない・・・





関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-09-28 00:57 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム