「思考」や「行動」は平成バージョンだけど「感情」は縄文時代のまま?

「レジリエンス入門 折れない心のつくり方」(内田和俊 著)という本を読んだ。

性格を構成する3要素(「思考」「行動」「感情」)のうち、「思考」と「行動」は自分の意思でコントロールすることができるけど、「感情」は自分の意思でコントロールすることができない、というような内容が書かれており、そのあとで次のような記述があった。
 実は私たちの脳は、一万年前から、ほとんど進化していないと言われています。つまり、私たちの脳は一万年前の環境に適合できるような初期設定がされているわけです。

すなわち、縄文時代と同じ脳を持って生まれてくるものの、「思考」と「行動」は自分の意志でコントロールできるため平成バージョンにアップグレード可能だが、「感情」は自分の意志でコントロールできないため縄文バージョンのままということだろう。

なお、「思考」や「行動」を変えることで間接的に「感情」に影響を及ぼすことができるとも書かれてあったが、これには限度があるだろう。例えば、嫌いな仕事を好きになろうとがんばってみても、なかなかうまくいかないものだ。


ということで、「感情」は縄文時代のままであるという認識を持ち、少しでも飼いならせるように努めていきたい。





なお、縄文時代から変わっていない「感情」は人類の進歩の妨げになっているのかもしれない。

いやいや、これ以上進化せずにそのままの状態が継続しているということは、今の「感情」はそれなりに最適な状態(完成形)なのかもしれない。逆に、進化を続けている「思考」や「行動」は発展途上なのかも。

つまり、「感情」は完成形だけど「思考」や「行動」は発展途上、だったりして・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-04-15 17:56 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム