日銀のETF購入とインデックス投資 得するのは誰だろう?

「日銀のETF購入」という記事が日本経済新聞に掲載されていた。

気になった部分を抜粋。
 中央銀行が市場から株やETFを買い入れるのは世界的にも初めてです。ある意味、壮大な社会実験といえます。
日銀の買い入れ割合が高いほど株価が割高になっているといえます。つまり、株価がゆがめられているわけです。
 このゆがみは、日経平均を2000円から3000円程度かさ上げしているとの試算もあります。これが本当なら、ETF買いを停止したとたんに日経平均が急落するリスクを内包していることになります。

「社会実験」やら「ゆがみ」やらの言葉が出ているが、日経平均やらTOPIXやらのインデックスへ投資することは大丈夫なのだろうか?いわゆる「高値掴み」をしているのではなかろうか?誰かに嵌められているのではなかろうか?というような素朴な疑問を抱いてしまう。

また、これは日本の株式に限った話ではないような。他の国の株式もいろいろな方面からの圧力でゆがめられているに違いない・・・。

自分のような庶民がインデックス投資することで得をするのは誰だろうか?



そのように考えていくと、一部のアクティブ投資家に嵌められているのではなかろうか?という被害妄想を抱いてしまう。

バフェット氏がインデックス投資を勧めているらしいのが気になるところ・・・。

バフェット氏に限らず、インデックス投資を勧めている人たちは全員疑わしいと思った方が良いような、という被害妄想・・・。



ちなみに、『日銀「賃上げETF」の挫折』という記事も先日の日本経済新聞に掲載されていた。

日銀の肝入りで誕生した「賃上げETF」の取引がほとんどなくなっているという話。

超エリート集団?の成すことなので自分の偏った考えより断然妥当とは思うが、「日銀のETF購入」は本当に大丈夫なのだろうか?、というような疑問を改めて抱いてしまう・・・。

インデックス投資をしている庶民を嵌めようとしているのではなかろうか?

アルコールの勢いもあり、そのような被害妄想が次から次へと湧いてくる・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-04-29 17:36 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム