「変わり者」のリスクとリターン

「孤高の人」(新田次郎 著)という本を読んだ。昭和初期ごろ活躍した日本の登山家(加藤文太郎氏)をモデルとした小説。

サラリーマンでありながら、「ヒマラヤ」という目標実現に向けて徹底した目的志向で取り組む姿が印象的だった。

例えば、ヒマラヤ登山の費用を貯めるために切り詰めた生活を送ったり、石を詰めたカバンを背負って出勤したり、日ごろから屋外で寝たり、など。

周りから見れば変わり者なのだろうが、普通ではないことを成し遂げるためには人と違うことをする必要がある。つまり、変わり者になることは成功するための手段である。

ただ、変わり者となって報われるのは成功したときだけであり、平凡な結果に終わると「ただの変わり者」で終わってしまうというリスクがある。




逆にいうと、(自分のような)生まれつきの変わり者が世間に受け入れられる手段として、変わり者たる性質を矯正することの他に、何かの分野で成功をおさめることも挙げられそうだ。

真の変わり者はそもそも受け入れられようなんて思わないだろうが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-05-14 06:35 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム