「理屈」はお膳立てするだけで、実行するのは「感覚」?

「アイデアの選び方 アイデアは、つくるより選ぶのが難しい。」(佐藤達郎 著)という本を読んだ。

「理屈」(言語化、左脳)と「感覚」(イメージ、右脳)の両方を用いることの重要さが書かれてあった。

アイデア開発の全体像は、理屈で下地 → 感覚でジャンプ → 理屈で選択 → 感覚で決定!

この抜粋部分において、重要な2つのステップが「感覚」の担当という点が興味深いと感じた。すなわち、アイデアを生み出す(ジャンプする)ステップと最終的に決定するステップの2つ。

「理屈」はお膳立てするだけで、実行するのは「感覚」ということか。




自分は「理屈」に偏りすぎているように思うので、これからは「感覚」も重視していきたい。「理屈」は補佐役にすぎないのだ。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-05-21 12:12 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム