必要な老後資金は「額」で考えるべきか?「率」で考えるべきか?それとも・・・

『老後資金の推計 「額」から「率」へ』という記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。

必要な老後資金について、日本では「額」で語られることが多いが、米英では「率」(現役時代の年収に対する比率)で考える、というような内容。

また、米英では、資産運用に回す資金も年収に対する比率で考えるとのこと。

記事の結論は、日本も「率」で考えるべきではなかろうか、というような感じで結ばれていた。



記事に書かれていたことではないが、米英が「率」で考えるのは格差社会が進んでいるからだろう。各自の生活レベルに合わせた老後資金が必要。

一方、日本で「額」で考えがちなのは「一億総中流」の名残だろうか。



さて、「額」で考えるべきか? 「率」で考えるべきか?

個人的には、そのどちらでもなく「他者との比較」で考えるのが良いのではと思う。イメージ的には、日本人の上位1/3くらいに入れればOKだろうという感じ。

まず、「額」で考えるにしろ「率」で考えるにしろ、自分が老後を向かえた時の物価のレベルがわからないので、どのくらい準備すれば良いのかわからないような・・・。一方、他者との比較であればおおよそ把握できそうだ。

次に、人が感じる幸せは、絶対的なモノいうより、周りとの比較で決まる相対的な面が強いように思うので、老後の幸せを左右する老後資金についても周りとの比較で考えるのが良さそうに思う。

最後に、上位1/3に入る程度の老後資金で生活が苦しかったとしたら、下位の2/3はもっと苦しい生活を送らざるをえないだろう。そう考えると、例え苦しい生活になったとしても自分の中で諦めがつきそうだ・・・。

というような理由から、老後資金は「他者との比較」で考えるのが良いように思う(目標を上位1/3とするか、それ以上または以下にするかは好みの問題として)。






なお、保険として、老後資金だけではなく稼ぐ力も上位1/3くらいに入りたいと考えている。精進あるのみ。

さらに、あわよくばアーリーリタイアを目論んでいる自分としては、倹約に励むなどして少しでも上位を狙っていきたいところ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-05-27 16:29 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム