理性原理主義は身を滅ぼす・・・

古典と呼ばれる本を読んでみようと思い、「ソクラテスの弁明 クリトン」(プラトン 著、久保勉 訳)を試してみた。

率直な感想は、(自分の読解力では)小難しい内容で読みにくく、面白いとえるものではなかった。



ただ、「理性原理主義は身を滅ぼす」という勝手に解釈した教訓は得られた(本の中のソクラテスに理性原理主義者というイメージを抱いた・・・)。



理性はあればあるほど良いというわけではなく、生き残るのに適した「適度な理性」が大切だ。何事もほどほどにバランスよく。

あるいは、理性を道具と考えてうまく使いこなすことが大切。理性に支配されてはいけない。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-05-28 07:43 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム