世界株時価総額最高の記事を読んで日本の将来が心配になった・・・

「世界株、時価総額最高」という記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。

5月末の世界株式の時価総額が2年ぶりに最高を更新したとのこと。

この記事で、次の部分が非常に気になった。
 ITが主導する技術革新の波に乗りきれない日本企業は存在感が低下している。10年前に世界で10位だったトヨタ自動車の時価総額は38位に後退した。日本株は相場のけん引役となるIT企業が少なく、日経平均株価は2万円の大台を前に足踏みが続いている。

改めて確認してみると、日本株の時価総額上位銘柄には確かにIT企業が少ない。自動車や銀行や通信関係などの昔ながらの大企業が多く、IT企業と言えそうなのはソフトバンクくらい?(IT企業というより通信会社?)。

一方の世界株は上位10社のうち7社がIT企業だ!!

国の経済的にどうなのかは別問題として、株価だけを考えると勢いのあるIT銘柄が多い方が期待を持てそうだ。

また、株価の問題だけではなく、長期的に考たときに昔ながらの古い企業がのさばる日本の行く末は大丈夫だろうか?、とすごく心配になった・・・。

東芝やシャープの例を見せつけられると、時価総額上位の昔ながらの大企業もいつどうなるかわかったものではない。

つまり、新たな大企業はなかなか生まれない一方で、既存の大企業は少しずつ淘汰されていく。少子高齢化と同じようなイメージだ。人も企業も少子高齢化で縮んでいく・・・。

そういう自分も昔ながらの企業に勤めているので言えた立場ではないが・・・。


■日本株の時価総額上位銘柄(日経電子版より)
1.トヨタ
2.NTT
3.NTTドコモ
4.三菱UFJ
5.ソフトバンク
6.JT
7.KDDI
8.ゆうちょ銀
9.日本郵政
10.キーエンス
11.三井住友FG
12.ホンダ
13.キヤノン
14.ソニー
15.みずほFG
16.任天堂
17.日産自
18.武田
19.ファナック
20.信越化

■世界株の時価総額上位銘柄(記事より)
1.アップル(米)
2.アルファベット(米)
3.マイクロソフト(米)
4.アマゾン(米)
5.フェイスブック(米)
6.バークシャー・ハザウェイ(米)
7.ジョンソン・エンド・ジョンソン(米)
8.エクソンモービル(米)
9.テンセント(中国)
10.アリババ(中国)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-04 06:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム