さえない自分は「弱者の戦略」 しかし投資は「強者の戦略」?

「100円のコーラを1000円で売る方法2」(永井考尚 著)という本を読んだ。

「ビジネス戦略」について物語形式で書かれた本。

特に、「弱者の戦略」と「強者の戦略」の話が興味深く、腑に落ちる説明だった。
弱者の戦略の基本は、競争相手と差別化すること。お客さんや商圏を限定して局地戦で戦ったり、売る商品やサービスを限定して得意技で戦ったりする。

それに対して、強者の戦略の基本はそれを封じ込めること。同質化戦略で相手の差別化戦略を封じ込めたり、規模の大きさを活かして広域で戦ったり、いろんな商品を組み合わせて総合力で戦う。

また、同質化戦略で差別化戦略を封じ込める例が書かれており、なるほどと思った。
たとえば、”ワッパー”というビッグサイズのハンバーガーが売り物のバーガーキングが2007年に日本に再上陸したときも、マクドナルドはその半年も前から”メガマック”を投入してビッグサイズのハンバーガーという差別化ポイントを封じ込めているわ。


弱者な自分は、強者に封じ込められないように差別化戦略をとる必要がありそうだ。

同質化戦略に屈しない程度のとんがった差別化が必要。

そもそも各自が専門分野を持つのは、広い意味で「弱者の戦略」(差別化戦略)といえるのだろう。




ちなみに、投資における「弱者の戦略」って何だろうか?

一瞬「分散投資」が頭をよぎったものの、資産が大きい人には勝てないという意味で、「分散投資」は「強者の戦略」と言えそうだ。

まあでも、誰かに勝つために投資をしているわけでは無いため、一発逆転を狙わずに「分散投資」に徹するとしよう。

弱者な(資産規模の小さい)自分が「強者の戦略」たる「分散投資」を実施したところで、未来永劫「強者」に追い付けないが・・・。差は広がる一方・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-08 21:53 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム