ただ生活費稼ぎのためではなく 仕事をする原動力の分散

昨日も取り上げた「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ウェーバー 著、中山元 訳)には、資本主義はそもそも「キリスト教(プロテスタント)の信仰心」を伴った「禁欲」と「節約」が原動力となっていた、というような話が書かれてあった。

自分はどうかと改めて考えてみると、偶然にも「禁欲」と「節約」の2つの性質は備わっているように思う。ただし、肝心かなめのキリスト教(プロテスタント)の信仰心は無い。

一方、周りのサラリーマンを見渡してみると、生きのいいサラリーマンには「信仰心」の代わりに「自己顕示欲≒出世欲」が備わっており、それが働く原動力になっているように思う。しかし、自分にはそれも欠けている・・・。


ということで、自分がサラリーマンとして仕事をする原動力について改めて考えてみた。

すぐ思い浮かぶ原動力は「生活費を稼ぎたい」であり、実際のところこれが唯一の原動力だろう。

すなわち、仕事は金(生活費)稼ぎだ、ということ。


ただ、原動力が1つだけだと、力不足で機能しない場面も出てくるだろうから、今後は仕事をする原動力を複数に分散させていきたい。例えば次のような感じ。

原動力1:生活費を稼ぎたい(仕事は金稼ぎだ)
原動力2:能力アップしたい(仕事は修行だ)
原動力3:ゲームを楽しみたい(仕事はゲームだ)
原動力4:人の役に立ちたい(仕事はボランティアだ)


ということで、「キリスト教(プロテスタント)の信仰心」の代わりに、上記のような分散された原動力ポートフォリオ(とでもいったもの)をもってサラリーマン生活を送っていきたい。



ちなみに、投資(インデックスファンドの積立投資)をする原動力は、「老後に備えたい」と「さっさと仕事から解放されたい」の2つかな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-10 10:46 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム