「クール」とは縁のなかった人生に「クール」の要素を取り入れていきたい・・・

『世界を変える「デザイン」の誕生 シリコンバレーと工業デザインの歴史』(バリー・M・カッツ 著、高増春代 訳)という本を読んだ。

エンジニアリングの陰に隠れた存在から、事業を左右する重要なポジションとなった現在まで、戦後の工業デザインの歴史をシリコンバレーの企業・大学・人物を中心に紹介した内容。

デザイン的思考の乏しい理系な自分にとっては、大変反省させられる内容であった。

極端に言うと、デザインなんてどうでも良く、機能すれば問題ないと考えがちな自分・・・。


また、次の抜粋部分にはなるほどと思ったが、自分はまさに旧型ありきで修正する思考回路だ。
「たとえば、”新しいトースターを開発する”という課題を与えられたとしよう」
 これまでのやり方では、開始時点で問題を狭く定義しすぎるため、新しいトースターといっても、最終的には旧型に表面的な修正を施しただけで終わってしまう。さらに次のように続けた。
「では、課題をこのように提示したらどうなるだろう。我々はパンの表面を温め、水分を蒸発させ、こんがりとした茶色に変化させる方法を模索しているのだ、と。課題を平易な言葉で定義し直すだけで、あらゆる可能性が生まれてくる。(後略)


使用面を考慮したそもそものあるべき姿から考えるよりも、旧型(前例)ありきの修正思考の方が開発効率は良いのだろうが、売れる商品ができるかどうかは別問題。

一方、あるべき姿から考えることでより良い商品はできるかもしれないが、時間がかかるため商売としてうまくいくかどうかは別問題。

「前例思考」と「そもそも思考」のバランスが大切だ。

また、デザインよりも機能を重視しているということは、右脳よりも左脳を重視しているという側面もありそうであり、「左脳思考」と「右脳思考」のバランスが大切だ、という見方もありそうだ。




ということで、「前例思考」と「左脳思考」に偏っているので、「そもそも思考」と「右脳思考」をもっと取り入れていきたい。

なお、デザイン思考を取り入れる(あるいは「そもそも思考」と「右脳思考」を取り入れる)というのは、個人的には「クール」という表現がしっくりくるので、「クール」という表現を用いることにする。

ということで、「クール」とは縁のなかった人生に「クール」の要素を取り入れていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-17 20:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム