誰の投資話を信じるべきか?

新聞やTVで相次ぎとりあげられていたので、「フェイクニュース」について考えてみた。

個人の「フェイクニュース」対策をどうするべきか?

個人的な結論としては、実社会では無意識に実施しているように、情報の内容は発信者の性質とセットで考えるべし。

すなわち、「この情報は真実かどうか?」という思考パターンではなく、「情報と発信者の組合せから何が言えるか?」という思考パターン。

例えば、○○さんが□□と言うということは△△なんだろうという感覚で、●●紙が■■と書くということは▲▲なんだろうという感じ。

また、実社会では知らない人の言うことを鵜呑みにしないように、メディアやネットの情報も知らない発信者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。

ということで、日本経済新聞を毎日利用している自分としては、彼らの性質をよくよく理解して、紙面から読みとる精度と情報量を高めていきたい。




以上も踏まえて、誰の投資話を信じるべきか?、について考えてみた。

次のような理由から、これはなかなか難しい問題と思う。
理由1.日本には投資や投資話をする文化がないため信頼のおける人から情報を得にくい
     →投資の情報は(性質を)知らない人から得ることになる
     →上で書いた「情報と発信者の組合せから何が言えるか?」という手法が使えない
理由2.情報発信者が騙そうとしている(自らが利益を得ようとしている)可能性が高そう
理由3.情報発信者の理解や認識が怪しい(頼りない)可能性も高そう

読書好きな自分の結論としては、(特定の誰かを信じるのではなく)いろいろな人が書いた「投資」や「資産運用」関連の本を読みまくるべし!!

すなわち、性質を知らない情報元しかなく、かつ、安易に信じては危険(騙されるかも/正しくないかも)な投資の分野では、情報元の分散が大切だ。






ちなみに、このフェイクブログも5年目に突入した。

今まで以上に自己満と妄想に突き進んで行きたい!!

読んでいただいている皆様(いない?・・・)にはひっそり感謝しております。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-24 17:20 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム