ポジティブ思考信仰の落とし穴?

「ポジティブ思考信仰の危険な落とし穴」という記事が、ニューズウィーク日本版(2016年11月8日号)に掲載されていた。

「プラシーボ効果(偽薬効果)」を利用しようと「ネガティブちゃーもからポジティブちゃーもへ」というスローガンを掲げた自分としては気になる内容。

特に次の部分が気になった。
 世の中には、ポジティブ思考よりもネガティブ思考、いわゆる「防衛的悲観主義」のほうが向いている人が存在する。防衛的悲観主義者はすべてが悪いほうに転ぶ可能性を考えることによって不安を緩和し、往々にして悪い結果を回避すると、ノレムは言う。
 一方で、防衛的悲観主義者がポジティブ思考を強要されると、潜在能力を発揮できなくなる。ノレムによれば、アメリカ人の25~30%が防衛的悲観主義者に当たる。
※ノレムとは、ウェルズリー大学のジュリー・ノレム教授

つまり、ネガティブ思考家にとって「ネガティブ思考」は生き残るための武器であり、「ポジティブ思考」を強要することは、慣れ親しんだ武器を奪い取って、代わりに使いこなせない武器を渡すようなものとなり、生き残りに支障をきたす、ということか。

そうであれば、「ネガティブ思考」という武器を手元に残したまま、「ポジティブ思考」という武器を追加で授けるのが良さそうだ。

つまり、「ポジティブ思考」と「ネガティブ思考」の両刀使い。これなら、「ポジティブ思考」を試してみつつ、慣れ親しんだ「ネガティブ思考」もいつでも使うことができる。

ポジティブとネガティブの黄金比は3対1というのを聞いたことがあるので、理想的にはその比率で使うのが良いのだろうが、まずは新たな武器としての「ポジティブ思考」を使ってみることが大切だ。




ということで、「ネガティブちゃーもからポジティブちゃーもへ」というスローガンを「ネガティブちゃーもからネガポジちゃーもへ」に変更することにした(すなわち、ネガティブの一刀使いから、ネガティブとポジティブの両刀使いへ)・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-25 08:54 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム