国民の4割が進化論を否定し、真実よりも実践でうまく機能するかを重視する国

「真実を丁寧に提示せよ」というフェイクニュースに関する記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。国際基督教大学 学務副学長 森本あんり氏へのインタビュー記事。

次の2つの部分が興味深かった。
米国を貫くプラグマティズム(実用主義)は「何が真実か」という哲学的な議論より「それは実践でうまく機能するか」を重んじるからだ。
また米国は特殊なキリスト教原理主義が根強い。「神は6日間で天地を創造した」という聖書の言葉を字義通りに受け入れ、進化論を否定する人は国民の4割にも及ぶ。彼らは、いったんそう信じればいかなる科学的な説明も受け入れない。


進化論を否定するのもある意味実用主義の一つなのだろう。すなわち、それで社会がうまく機能するのであれば問題ない、ということ。

同様に実用主義的に考えると、「フェイクニュース」も社会がうまく機能するのであれば問題ない、ということになるのかな。

個人的には、本当にうまく機能するのであれば問題無いとは思うが、しかし、真実を軽視しすぎるとそのうち辻褄が合わなくなってうまく機能しなくなるように思う。

逆に、真実性を重視しすぎると、真実かどうかを見極めるのに時間がかかり過ぎて(あるいは見極めることが不可能で)物事が進まないだろうから、何事もほどほどにでバランスが大切なのだろう。

(さえない)サラリーマンの感覚としては、真実と実用のバランスは3:1程度が良さそうだ。




ということで、真実と実用のバランスに注意しながら資産形成活動に励んでいきたい。

このブログも真実を重視しすぎず、真実と実用は3:1程度でいくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-06-25 12:25 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム