株式投資は間接的な債券投資?

「企業の現貯金 世界で膨張」という記事が今朝の日本経済新聞に掲載されていた。

世界の企業の手元資金が膨らみ続けているという話。

気になった部分を抜粋。
企業に現金が積み上がるのは、産業構造の変化の影響も大きい。インターネットやスマートフォンの技術革新で成長するIT企業は大型設備を必要とせず、使い道が研究開発やM&A(合併・買収)、自社株買いなどに限られる。

T&Dアセットマネジメントの神谷尚志氏は「家計から資金を調達し、投資をして経済全体に資金を循環させるのが企業の本来の役目」と話すが、今は企業にも家計にもお金が余っている。

こうした余剰資金を吸い上げて使っているのが政府だ。金融危機後に政府は財政支出を拡大し債務を膨らませた。


つまり、株式で集めてきた資金の多くが今となっては使い道がなく、(銀行を介して)国債に流れているということだろうか。

そうであれば、極端に言うと、株式への投資が結果的に債券への投資になってしまっているということか。

株式のリターンにとってはマイナス要因となるのだろう。




ポジティブ思考で頑張って良く言えば、株式に投資すれば債券にも分散投資できる!!

と言うことで、ある意味MSCIコクサイに連動するインデックスファンドに投資すると、世界の株式やREITだけでなく債券にも投資できてしまう、のか??





ちなみに、アップルの手元資金(2568億ドル、約28兆円)をもってすれば、時価総額約19兆円のトヨタ自動車を楽に買収できるそうな・・・。

なお、アップルの時価総額を調べてみると約7400億ドルだったので、時価総額の約1/3の手元資金があるということか。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-07-02 09:48 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム