長期分散投資とテクニカル投資

最近考えたこと、と言うか思ったこと。

「長期分散投資はテクニカル投資なのか??」

長期分散投資の有効性を説明するのに、
過去の実績を引き合いに出すことがよくある。
長期的に見ると右肩上がりだという説明である。
すなわち、過去のチャートの値動きから有効性を説明しているのである。

これってある意味テクニカル分析ではないのだろうか?


別の説明の仕方として、
今後も世界経済が発展し続けるから有効だというのもある。
しかし、自分としてはこの点に少し疑問を抱いている。
そんな自分にとっては、
長期分散投資はテクニカル投資的な意味合いが強いのではないだろうか。

と、秋の夜長に考えてみた。



関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-10-05 08:21 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム