利回り7.9%の国債にマネーが殺到? 「債務不履行」常連国の100年債・・・

「アルゼンチンが100年債」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

記事からの抜粋。
アルゼンチン政府は償還までの期限が100年に及ぶ「超長期債」を発行した。発行額は30億ドル(約3400億円)弱だが、投資家から3倍超の申し込みがあったようだ。同国は債券の元利金の返済が滞る「債務不履行」の常連で、信用力に不安を残す。それでもマネーが殺到するのは、世界的な低金利に悩む投資家の運用難の深刻さを映しているといえそうだ。

なお、利回りは約7.9%ということで、世界的に低金利な時代にあっては惹かれる数字なのだろう。

しかし、アルゼンチンは過去100年間に6回の債務不履行を起こしているそうな。

100年間で6回の債務不履行を起こした国の100年債なんて、いくら利回りが良いといえども、ビビりな自分なら怖くて手をだせないな。

「欧州の保険系金融機関などが購入したもよう」との記述もあったが、自分の知らない儲けのカラクリがあるのだろうか?それとも投資先に困って投資せざるを得なかったのか?あるいはアルゼンチンの状況は改善されて債務不履行のリスクは低下したのか?

というより、100年後のことなんて投資担当者(責任者も)の知ったことではない??

100年後とまで言わなくても、次にアルゼンチンが債務不履行を起こす頃には、投資担当者(責任者も)は既に退職しているだろうから問題ないという魂胆かも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-07-14 23:58 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム