デフォルト商品を何にするか問題 お勧めが無いから確定拠出年金なのか? という被害妄想・・・

「はじめての確定拠出年金」(田村正之 著)という本を読んだ。

確定拠出年金を有効活用するべし、という内容であり、そのための方法が書かれてあった。


個人的には米国の事例を紹介した次の内容が興味深かった。
 例えば米国でも、確定拠出年金に関し、かつては従業員に適正な資産配分をしてもらうためには、教育こそが解決策とみなされていました。しかし、米モーニングスターの調査担当、ション・レケンターラー氏は、「投資教育には限界があるという考え方がやがて広がった」と言います。投資教育は年配の裕福な従業員には効果的でしたが、所得が低かったり若かったりする人には必ずしも通じませんでした。むしろ不必要な売買をしたり、リスクの高い投信に手を出したりするようになるケースも見られたそうです。

教育では解決できないとわかった結果、米国ではターゲット・デート・ファンド(自動的に各年齢に適した資産配分にしてくれる投資信託)をデフォルト商品として指定することが広がったとのこと。

なるほど。




一方、日本の場合を考えてみた(妄想)。

日本で確定拠出年金が広がってきたのは、企業の確定給付年金や公的年金による備えが怪しくなってきたからだろうと勝手に思い込んでいる。

例えば、これまでは債券メインの運用で十分だったのが、株式へシフトしないとリターンの確保が厳しくなってきたのだろう。

しかし、リスクは負いたくない、あるいは、リターンを確保できる自信が無い。

さてどうする? そうだ、確定拠出年金だ!!

うまいこと言ってリスクを社員/国民に押し付けよう!!!

米国も実施していると言えば(「日本版401K」とでも言えば)コロッとだませるに違いない!!!!

ということで、確定拠出年金がはじまりましたとさ。


なお、企業や国も運用に困っているというのにおすすめのデフォルト商品なんてあるはずもない。おすすめがあるくらいなら自分で運用して超過分をかすめ取るだろうに。

デフォルト商品は、とりあえずお茶を濁して元本確保型にしておけば文句は出ないだろう。リスク資産にするとあとあと問題になるかもしれないし。


というようなことを想像してしまうが、被害妄想なのだろう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-07-15 18:49 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム