強い投資家だから生き残っているわけではなく・・・

「名人VS将棋ソフト 最終決戦~密着・電王戦~」という番組がNHKのBSにて放送されていた。将棋ソフト「ポナンザ」と佐藤名人の対戦をとりあげた番組。

勝負は将棋ソフトの2連勝で幕を閉じた。

なんでも、人間側が新たな定石を教わる程度に将棋ソフトは進化しているとのこと。定石の逆輸入だ・・・。

佐藤名人の次の言葉が印象的だった。
ポナンザの将棋というのは人間よりも 将棋の神様に近い側にいるんじゃないかと思えるぐらい 神がかっている強さ

将棋ソフトは人間が追い付けないレベルまでに進化してしまった印象。

将棋の定石もいいけど、個人的には人生の定石を教えてほしいな。AIによるガチな人生相談。開発者以上に人生をわかっているAI(AI自身の人生についてはまったくわかっていないだろうけど・・・)。



なお、将棋ソフト(AI)は勝負には勝つけど、勝負にどんな意味があるのか?とか、勝つって何なのか?とか、そもそも将棋って何?とか、何もわかっていないに違いない。

つまり、勝つ意味をわかっていないけど勝ち続けてしまう・・・。

ある意味、農畜産物の品種改良のようなイメージか。勝負に勝った品種同士を交配して生み出されたようなもの。



まあでも、そんなこと言うと、人間だって生き残ったモノ同士が交配を続けた結果、自分も含めた今の人々(生き残り)がいるのだろう。

何のために生きているのかわからないのに、とりあえず生き残ることに執着している。生き残ろうとするモノ同士が交配し続けずにはおられない・・・。






なお、投資の場合、定石となって世間に広まると逆手にとられるだろうから(広めようとしなくても技がバレると逆手にとられるだろうから)、悟られないようなわかりにくい技が必要となるのだろう。

ということは、おそらく、投資で勝てるAIが現れたとしても、それを使う人間も技に気付くことができず、なぜ自分のAIは勝てるのかわからないのだろう。

さらに、AIを使わずに、投資で勝てる人間がいたとしても、なぜ自分が勝てるのか説明できないのではなかろうか。言葉で説明できるような技であれば、広めようとしなくても(隠そうとしても)何かの拍子にバレて広まってしまいそうに思う(バレたら逆手に取られて勝てなくなりそう)。

ということで、勝てる投資家は、なぜ自分が勝てるのかわからないに違いない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-07-17 17:10 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム