ブログを書くことの一番のメリット?

先日見た『最後の講義「石黒浩教授」』というTV番組がおもしろかったので、さっそく彼の本「アンドロイドは人間になれるか」(石黒浩 著)を読んでみた。

石黒氏はアンドロイド研究を通して「人間とは何か?」を考え続けているようで、その根底には、「人の気持ちを考えなさい」と大人に叱られて、それがどういうことなのかまったく理解できなかった子供時代の体験があるようだ。

アンドロイドの研究を通して人間をより「客観的」に見れるようになることが肝なのだろうと感じた。

この「客観的」というキーワードは非常に重要だと最近(今さらながら)感じている。

例えば、ブログを書くという行為の一番のメリットは何かと考えた時に、「自分を客観視できること」だと思っている。

すなわち、他の方々が書かれているブログ達と比較することで、自分の考え方や行動にはどのような癖があるのか?、自分の興味関心はどの方向に偏っているのか?、自分の人生にはどのような特徴があるのか?、などなどを知ることができる。

普段の生活では似たような境遇の人々と関わりがちであり、それが普通だと思い込んでしまうのだ(行動範囲が狭いだけか・・・)。




と言うことで、これからもひっそりとブログを書き続けて自分の偏った人生を客観視し続けていきたい。






ちなみに、この本で特に興味深かったのは次の部分。
非常に単純な機械の動きに「心を感じますか」と問えば、感じるという人は少ない。多少複雑でも、原理を知っていれば「それは心ではない」と言う。しかし、人間は複雑である。いや、虫程度でもいい。動きが相当以上に複雑なものに対しては、相手のことを一から、すべては理解しきれない。自分の頭の中で完全に再現しきれない、解釈しきれない、理解しきれいないほど複雑なもの、仕組みがわからないくらい入り組んだものが目の前にあると、「こいつは、私の知らないところで勝手に独立して考え、動いてるのだろう」という想像が働く。その浮かんできた想像に名前をつけづにはいられなくなる。それを「心」と呼んでいるのだ。

心の本質は「迷い」なのだろう。あれでもないこれでもないどうしようどうしようと、すぐに迷ってしまうのは自分の欠点だと思っていたが、「心」を持つ人間である証ということで・・・。


関連記事
有機物な自分はなぜ無機物なお金が大好きなのだろうか?
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-07-30 11:01 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム