インデックスファンドの積立投資において自分の意思でコントロールできそうなこと・・・

古典を読んでみようと思い立って12冊目、「マルクス・アウレーリウス 自省録」(神谷美恵子 訳)を読んでみた。

西暦170年ごろのローマの皇帝であり、ストア哲学に傾倒していたマルクス・アウレーリウスが書き留めていたものをまとめた本。

先日読んだ「老子」における「無為自然」とは対極にある印象。

一言で言うと、(衝動に流されるのではなく)「理性で自分を支配するべし」というようなこと(と自分は理解した)が書かれてある。

例えば、自分の意志でコントロールできることとできないことを区別し、あるいは自分の意志でコントロールできることを見出し、コントロールできることをストイックに実施するべし、という感じ。


若干ストイックの気のある自分にとっては魅力的に映るが、一方に偏るのではなく「無為自然」とのバランスが大切なのだろう。




ちなみに、インデックスファンドの積立投資において自分の意思でコントロールできそうなことを考えてみた。

・仕事や節約に励んで投資金額を増やす
・低コストな運用を心がける
・衝動に流されずに継続する
・モチベーションを上げるためにブログを書き続ける

ありきたりだがこんなところかな。




なお、インデックスファンドの積立投資において無為自然とはどうしたらよいのかも考えてみた。

自分は「MSCIコクサイ インデックス」に連動するインデックスファンドに投資している。インデックスに採用される国や銘柄はその時代の流行り廃りに合わせて自動的に入れ替わることを踏まえると、自分の作為を入れずに「MSCIコクサイ」に投資し続ける(放っておく)ことは「無為自然」と言えるのかもしれない。

と、都合良く解釈しておこう・・・。




ということで、強い意志をもってストイックに、かつ、無為自然に積立投資に励んでいきたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-13 15:32 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム