【続】矛盾に満ちたサラリーマン生活を生き抜くために正気と狂気の二刀流で

前回に続いて「大学・中庸」(金谷治 訳注)を読んだ感想。

「大学」の「八条目」と言われる部分を抜粋。
古きよき時代に、輝かしい聖人の徳を世界じゅうに発揮し〔て世界を平安にし〕ようとした人は、それに先だってまず〔世界の本である〕その国をよく治めた。その国をよく治めようとした人は、それに先だってまず〔国の本である〕その家を和合させた。その家を和合させようとした人は、それに先だってまず〔家の本である〕わが身をよく修めた。わが身をよく修めようとした人は、それに先だってまず〔一身の中心である〕自分の心を正した。自分の心を正そうとした人は、それに先だってまず〔心の中心である〕自分の意念を誠実にした。自分の意念を誠実にしようとした人は、それに先だってまず〔意念の本である〕自分の知能(道徳的判断)を十分におしきわめた。知能をおしきわめ〔て明晰にす〕るには、ものごとについて〔善悪を〕確かめることだ。

すなわち、「世界を平安にする」ためには「善悪を確かめる」ことから以下の8つ「八条目」を順番に実施していくことが必要とのこと。

善悪を確かめる → 道徳的判断をおしきわめる → 意念を誠実にする → 心を正す → わが身を修める → 家を和合させる → 国をよく治める → 世界を平安にする

また、「八条目」は前回書いた「三綱領」(の修己と治人)をより詳細にしたものでもあるそうだ。
修己:善悪を確かめる、道徳的判断をおしきわめる、意念を誠実にする、心を正す、わが身を修める
治人:家を和合させる、国をよく治める、世界を平安にする



なるほどと思ったものの、前回書いた「三綱領」と同様に、現代の日本のサラリーマンである自分には使えそうにないので、マネして「ちゃーもの八条目」なるものを勝手に考えてみた。

1.知識を得る【正気】
2.体験する【狂気】
3.ロジカルに考える【正気】
4.クレイジーに考える(妄想)【狂気】
5.ロジカルに行動計画立てる【正気】
6.クレイジーに行動する【狂気】
7.反省する【正気】
8.自己満足する【狂気】

現状は、読書などを通した「知識」の獲得に偏っているように思うので、今後は新たな「体験」にも力を入れていきたい。

また、「知識」に偏った結果、「ロジカルな思考」もおろそかになっていたように思うで注意していきたい。




ということで、夏休みに思う存分アルコールを飲みながら酒のつまみにアレコレ考えてみた。

まずはアルコールとたわむれる時間を新たな「体験」活動にあてることからかな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-15 08:55 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム