アメリカの強さは人種の分散投資? 一方日本は・・・

古典を読んでみようと思い立って14冊目、「ガリア戦記」(國原吉之助 訳)を読んでみた。

紀元前58~50年、カエサル率いるローマ軍がガリア(フランス)やブリタニア(イギリス)へ遠征したときの記録。



この時代、ヨーロッパで最も栄えていたのはラテン系の共和制ローマであり、現在のイギリスやドイツやフランスではない。

しかし、今となってはラテン系の国々に勢いはなく、当時は野蛮だとみなされていたゲルマン系(が支配的)の国々(ドイツ、イギリス、アメリカなど)が強い。

どの人種が栄えるかは、その時代に求められる性質(性格、特徴)によって異なるのだろうか。

そう考えると、「人種のるつぼ」と言われるアメリカは強そうだ。どんな性質の人間が必要になっても対応できるだろうから。



一方、そういう意味では、単一民族色の強い日本は時代の変化に弱そうだ。

バブル時に最高となった株価(日経平均)を上回れないのはこのことも関係あったりするのか??


少子化、高齢化、人種の均一性、日本の将来はいったい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-18 17:47 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム