債券には投資しづらいからオルタナティブ投資?

『「巨鯨」代替投資拡大へ動く』という記事が、今朝の日本経済新聞に掲載されていた。

GPIFがオルタナティブ投資を増やしているという話。


気になる部分を以下に抜粋。マイナス金利導入によって国内債券に再投資しづらくなり、その結果としてのオルタナティブ投資、と言うことのようだ。

個人的には、国内債券クラスには投資していない(株式と安全資産だけ)ため、特に気にすべき話でもないのかな。



ただ、GPIFでオルタナティブ投資の割合が増えてくると、個人向けの商品が増えてくるのだろうか。

「GPIFでもやってますよ」と言うキラーフレーズを販売員が使えるようになることだし・・・。



気になる部分を長々と抜粋。
6月末で運用資産に占める割合が0.1%(約1500億円)となり、初めて0.1%台になった。巨額の年金資産も分散投資が進めば、リスクの抑制や運用利回りの向上を期待できる。

オルタナティブ投資は株式や債券といった伝統資産以外に投資する手法のことだ。具体的にはインフラやプライベートエクイティ(未公開株)などへの投資がある。

オルタナティブ投資を進めるのは、日銀のマイナス金利導入などで国内債券の運用が難しくなっているためだ。

6月末の資産に占める国内債券の割合は30.48%と過去最低。再投資しづらく、現金など短期資産は7.67%まで積み上がった。

「有望案件はすでにおさえられている」(厚労省幹部)のが現状で、GPIFも「良い安定的な案件があれば投資する」とのスタンスは崩していない。



関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-18 20:43 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム