割高インデックスファンドの末路・・・

「投信 運用手数料下げ競う」という記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。

「つみたてNISA」をきっかけに信託報酬の最安競争が激しくなってきたという話。
りそなアセットマネジメントは29日、信託報酬の業界最低水準を塗り替えるインデックス投信を4本新たに立ち上げる。これを受けて三菱UFJ国際投信も同水準へと引き下げに動く見通しだ。来年1月から始まる「つみたてNISA」をにらみ、運用各社は「安さ」をテコに主導権を握ろうとしている。


自分がインデックスファンドの積立投資を実施する中で、悩みの種の1つは最安ファンドが出てきたときの対応。資産配分も落ち着いている今となっては、一番の悩みどころと言えそうだ。

悩むポイントは次の2点。
1.最安ファンドにした方がリターンが多少なりとも上がるだろう
2.自分が使っている(相対的に)割高なファンドに将来性はあるのか(そのうち償還しないか)



例えば、自分が投資を始めた2013年当時、「インデックスeシリーズ」は最安の部類に属しており、当時ネットなどで調べてみた印象ではそれなりに支持されていたように思う(ちなみに自分がはじめて買った投資信託の一つは「日本債券インデックスe」だった。もう一つは「EXE-i 先進国株式ファンド」)。

今となっては最安競争から取り残されており(追随する気配はなく)、(相対的に)割高の部類に属するといっても良さそうだ。

信託報酬の差は数字的には小さいが、「ちりも積もれば山となる」で数十年先にはそれなり(大好きなお酒がたらふく飲める程度??)の差になっていることだろう。

また、「外国株式インデックスe」の純資産残高を調べてみると、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」や「たわらノーロード先進国株式」などでライバルの信託報酬の下がった2015年あたりから低迷しており、減少傾向にある。このまま減り続けるとどうなるのだろうか・・・。いつかは償還??




ということで、多くが参入して最安競争を繰り広げるのは消費者としてはありがたいけど、日本の家電業界のようにあとあと壊滅状態になって撤退することがないようにして欲しいな・・・。




そんな中、「最安宣言」?をしている「eMAXIS Slim」は気になる存在だが、「永遠に続けます宣言」(会社が存続する限りは)も同時にお願いしたいところ。

将来お荷物事業になったらどうするだろうか・・・。






ちなみに、「毎月分配型投信」をダメ出ししたように、金融庁が「激安インデックスファンド」をダメ出しする日がくるだろうか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-26 06:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム