ふるさと納税は半分以上が経費に消える・・・

「ふるさと納税 半分が経費に」という記事が、昨日の日本経済新聞に掲載されていた。

ふるさと納税において、自治体が負担する経費が膨らんでおり、寄付額に占める割合は平均で5割を超えている(2016年度)という話。
全国でみても経費は平均で52%に達しており、65の自治体で7割を超えていた。費用の方が寄付額を上回る「赤字」も4市町村あった。

なお、経費としては、返礼品の調達コストや、送料、臨時職員の人件費、返礼品を紹介するサイト運営者への業務委託料やサイト使用料などがあるようだ。


半分以上が経費に消えるのか!!と一瞬おどろいたが、経費には返礼品のコストも含まれることを考えれば納得だ。現在は3割までに変更になったようだが、去年は返礼率6割までOKだったのだから。

そもそも、経費が5割を超えたのは自分のようなコスパ狙い(節税狙い)の納税者のせいだろう。

節税狙いという意味では、「ふるさと納税」というより「ふるさと節税」だな。

もっと言うと、自分のふるさとに納税しているわけでもないので「知らない町節税」・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-08-27 06:40 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム