もう牛肉を見るのはうんざりだ・・・ 株価が上がるなら我慢するか・・・

「あなたのアクセスはいつも誰かに見られている Amazon、Yahoo!、Google・・・大手サイトの裏側」(小川卓 著)という本を読んだ。

インターネットにおける行動データの利用について書かれた本。


ただ、「はじめに」で書かれている次の一文からして、この著者に警戒感を感じてしまった・・・。
 ときどき個人情報の漏えい問題がニュースを賑わせるため、ネガティブなイメージを持たれる人がいますが、行動データの取得や解析は、基本的には「より便利にしたい・利用してもらいたい」という意図を持った施策ですので、決して怪しい行為ではありません(もちろん中には悪徳サイトもありますが・・・・・)。それどころか、もしも行動データやアクセス解析の活用が法律的にNGとなれば、インターネットの利便性は格段に落ちます。

なんだか善/悪の判断基準にもっていきたいようだが、実際は損/得の判断基準で動いているに違いないのだ。

すなわち、得になるから(利益を得られるから)行動データの取得や解析を行っているはずなのだ。

また、法律的にNGになったら一番困るのは行動データの取得や解析を行っている側であり、消費者では無いだろうに。


と言うようなネガティブなことを書いてしまったのは単に著者の書き方が気に入らなかったからであり、個人投資家としての立場からすると、IT関連企業には行動データの取得やら解析やらなど、合法的でかつコンプライアンス上問題無いことは何でもしてもらって(目的のためには手段を選ばずで)株価を上げてもらいたいところ。



とは言うものの、ここ数日ネット上の広告欄が牛肉であふれているのにはうんざりしてしまう。行動データの取得が影響しているに違いない。

すなわち、(妻のリクエストで)「ふるさと納税 牛肉」などのキーワードで検索したり、実際に申し込んだりしたのが影響しているのだろう。

肉(牛)食系は自分ではなく妻なのだ。自分にアピールされても・・・。

自分は鶏肉で満足するような、財布にやさしく、かつ妻の顔色をうかがいがちなチキン野郎にすぎない。



まあでも、広告欄が牛肉で埋まるのも、それが株価アップにつながるなら我慢するか。




というより、そもそも広告欄を非表示にするような設定もできるはずなのだが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-10 05:31 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム