新興国株式が好調なようで・・・

「新興国株、相次ぎ最高値」という記事が今朝の日本経済新聞に掲載されていた。

新興国株が好調なようだ。
米金利上昇への警戒感が後退し、新興国の成長を見込む投資家が資金を振り向けた。減税などを掲げたトランプ米政権の成長戦略の遅れが新興国への資金流入を促した格好だが、米金融政策の発表を20日に控え、市場の過熱を警戒した動きもみられる。

好調な原因は、新興国内部の要因(企業や経済の好調さ)だけではなく、外部の要因(米国の政策や金利の影響)も大きいようであり、株価の決定要因は企業の業績やその国の景気などとは関係ない部分も大きいんだなと改めて感じた。

特に、今回書かれているように、(世界の株式時価総額の半分程度を占める)米国の影響は大きいのだろう。

また、パッとしない日本株からも、新興国株へ資金が流れているに違いない・・・。





ちなみに、このような相対的な魅力の変化による資産クラス間の資金の流れは、あらゆる資産に分散投資しておけば、打消しあって影響は軽減されるのだろう。

そして、理想的には世界全体の経済発展だけに依存するというわけか。

今さらながら、これが「ザ・世界分散投資」なのだろう。





なお、今現在先進国株にしか投資していない自分としては、新興国株を追加すれば「ザ・世界分散投資」に一歩近づくが、そして、もし新興国株を追加するなら低コストファンドも出てきた「つみたてNISA」がはじまるタイミングがちょうど良いと思うが、こだわりだすときりがないため、また、過去の反省もいかして、とりあえず特に不満の無い今のまま(先進国株式のみ)でシンプルにいくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-18 10:31 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム