「三国志」と「株式投資」の類似点・・・

先日読んだ「一冊でわかる イラストでわかる 図解 三国志」に続いて、三国志の解説本「知識ゼロからの三国志入門」(立間祥介 著、横山光輝 画)を読んでみた。

生まれてこの方、三国志を読んだことは無かったが、三国志には、三国の次の王朝が認めた正式な歴史書である正史「三国志」と、それを元に脚色した歴史小説「三国志演義」(史実7割・フィクション3割と言われるそうな)があるとのこと。

なお、これはネット情報だが、吉川英治氏の小説「三国志」は「三国志演義」をベースにしつつ日本人向けに味付けしており、横山光輝氏の漫画「三国志」は吉川英治氏の小説をベースに多少アレンジしているようだ。(この2つはそのうち読みたい)



上記解説本を読みながら、「三国志」と「株式投資」には類似点があると思った。

【類似点1】複雑系でバブルとその崩壊を繰り返す
三国志の世界では、特定の勢力が複雑に組織化したバブルの状態と、その崩壊を繰り返す。それは、株式の世界のバブルとその崩壊に類似していると感じた。

【類似点2】後付け解釈に過ぎない
株価の値動きの原因説明は後付け解釈に過ぎないと考えるが、それは、三国志の世界にも当てはまりそうだ。例えば、強く賢い者が勝ったのではなく、勝った者が強く賢いとされる(美化される)のだ。



なお、これらは「三国志」や「株式投資」に限った話ではなく、いろいろな物事に当てはまりそうだ。

例えば、成功者の考える成功する方法は「後付け解釈」に過ぎないだろうし、成功者が成功している状態はバブルな状態(そのうち崩壊(転落)する)だろう。

もっと言うと、自分が今生きている状態はバブルな状態(そのうち崩壊(死)する)だろうし、自分自身の行動の理由付けは後付け解釈に過ぎないだろう。





ということで、三国志では最終的に三国とも滅んでしまうが(バブルは崩壊してしまうが)、自分の投資活動は崩壊してしまわないようにせいぜい分散投資に努めていきたい。

また、仮に投資活動が崩壊してしまったとしても、人生まで崩壊してしまわないようにリスク管理には気を付けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-18 14:18 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム