その言葉には裏がある?

「伝え方が9割」(佐々木圭一 著)という本を読んだ。

コピーライターである著者が、効果的な言葉の伝え方について書いた本。



この本で、一番の肝と思われるのは、「自分の頭の中をそのままコトバにしない」、ということ。

そのまま伝えるのではなく、効果的に相手を動かす表現に変換することが重要なのだ。

そのためには相手の心理を利用することが必要。

例えば、「デートしてください」、と頭の中をそのまま言葉にするのではなく、「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」というように。



と言うことは、逆に言うと(本に書かれていたわけではないが)、「他人のコトバをそのまま頭に入れない」、も大切だろう。

相手は、効果的な表現を使って、自分の心理を利用しようとしてくるに違いない。



というようなことを考えると、コミュニケーションというのは、言葉という武器を手に戦う心理戦のようなものだろうか。

コミュニケーション能力の高い人たちにとっては、何をいまさらという当たり前のことかも・・・。

現代社会は、言葉という武器で心理を突きあう戦場のようなものか。

いやいや、言葉が突くのは心理だけではなくロジックもあるだろう。言葉で心理とロジックを突きあう戦場だ。



自分は今まで、ロジックを突くことは意識してきたものの、心理を突くことは意識できていなかった。

これからは、言葉という武器を手に、ロジックだけでなく心理を突くことも意識していきたい。

自分の心理を突かれていないか警戒することも忘れずに・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-23 12:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム