投資をすると専門家を疑いの目で見るように・・・

「専門家はウソをつく」(勝間和代 著)という本が図書館で目についたので読んでみた。

著者の体験(教える側/教わる側)を元に、専門家から教わることの負の側面を書いた内容。

自分も、特に投資をするようになってから専門家の多くはあてにできないと実感しており、おおむね納得できる内容だった。




専門家に頼りすぎないようにするために、コンピュータでいうところのアプリケーションソフト(応用)よりも、オペレーションソフト(基礎)を身につけるべし、というような話が書かれていた。

この点もおおむね納得。

自分は理系だからかもしれないが、オペレーションソフト(基礎)に相当するものは、「科学」(特に「物理」)の知識/考え方だと思う。

すなわち、「科学」の知識/考え方を元に、専門家の言っていることは妥当なのかを考える。




なお、「信頼性の高い専門家を見抜くための9か条」が書かれていたが、個人的には、(特定の専門家を信頼するのではなく)情報源を分散するべしと思う。

より具体的には、読書好きな自分としては、著者の異なる複数の本を読んでみる。

信頼できそうな専門家だったとしても常に正しいとは限らない。逆に、信頼できそうにない専門家から学べることも多い・・・。




ということで、「信じる者は騙される」をモットーにした、何も信じることのできない冷たく乾いた人生を送ることになりそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-30 06:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム