お金という価値観の外側・・・

「成長という価値観の外側」という記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。鎌倉投信社長鎌田恭幸氏の記事。

「経済成長」を目的化するのではなく、国民の安心や幸福を追い求めるべし、というような話。
 経済成長を目指しても、成長のみならず、本来達成すべき国民の安心や幸福につながらない。こうした現象は、経済や社会の構造的なジレンマを表しているように見える。
 そこで、逆説的に成長という名の呪縛から脱却してはどうだろうか。「成長を目的化しない」という価値観で、人にとっての安心や幸福とは何かに知恵を絞るのである。社会の持続的な発展に向けたヒントは、成長を絶対とする価値観の外側にあると感じる。


この記事を読みながら、「自己満足の最大化」という本来の目的(暫定)をないがしろにして、お金(資産形成)を目的化してしまっている自分にも同様なことが言えそうと感じた。

すなわち、
『「お金を目的化しない」という価値観で、自分にとって自己満足とは何かに知恵を絞るのである。自己満足の最大化に向けたヒントは、お金を絶対とする価値観の外側にあると感じる。』
という感じ。



まあでも、お金が貯まることにそれなりの満足感を感じているように思うので、お金(資産形成)を目的化することは的外れでもなさそうだ。

しかし、お金(資産形成)だけにこだわるのは、自己満足を最大化する上で最適ではないと思うので、お金(資産形成)ばかりにとらわれずに、その他の手段もバランスよく取り入れるようにしていきたい。





ちなみに、さらに「自己満足という価値観の外側」を考えてみるのも必要かも。上記記事でいうと「安心や幸福という価値観の外側」。

さらにその外側も・・・、と考えていくときりがなさそうだが、外側に出続けるとどこに行き着くだろうか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-09-30 07:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム