1月からのNISAをどうするか・・・ つみたて? 一般? ファンドは?

はじめに、「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらにするかを考えた。

NISAのメリットはなんといっても節税効果なので、節税効果を比較してみた。

単純に考えると、それぞれの節税額は次のようになる。
・一般NISA(120万円を5年間運用) → ((1+利回り)^5-1)×0.2×120万円
・つみたてNISA(40万円を20年間運用) → ((1+利回り)^20-1)×0.2×40万円

計算しみると、利回りによらず「つみたてNISA」の方が節税効果は大きいようだ。

ということで、「つみたてNISA」にすることにした。



次に、ファンドの選択について考えた。

まず、現状の投資内容通り、外国株式(MSCIコクサイ)のインデックスファンドから選ぶこととした。

金融庁のウェブサイトに掲載されている「つみたてNISA対象商品届出一覧」から、外国株式(MSCIコクサイ)のインデックスファンドをピックアップしてみた。

1.たわらノーロード 先進国株式 ( アセットマネジメントOne㈱)
2.iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) (大和証券投資信託委託㈱)
3.<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド (ニッセイアセットマネジメント㈱)
4.野村インデックスファンド・外国株式 (野村アセットマネジメント㈱)
5.外国株式指数ファンド (三井住友アセットマネジメント㈱)
6.SMT グローバル株式インデックス・オープン (三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱)
7.eMAXIS Slim 先進国株式インデックス (三菱UFJ国際投信㈱)
8.eMAXIS 先進国株式インデックス (三菱UFJ国際投信㈱)
9.つみたて先進国株式 (三菱UFJ国際投信㈱)
10.Smart-i 先進国株式インデックス (りそなアセットマネジメント㈱)

現在一般NISAで利用しているファンドは「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」であり、あえて他を選択する理由も思いつかないため、つみたてNISAでも「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」を採用することにした。

(ちなみに、特定口座では「たわらノーロード 先進国株式」を利用している)



と言うことで、今のところはこのように考えている。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-10-15 17:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム